HOME退職の手続き・2>健康保険の手続き(会社都合の退職・2)

健康保険の手続き(会社都合の退職・2)

〜転職が未定のときの健康保険〜

突然の会社の倒産やリストラで、やむなく退職したときでも、健康保険への加入は義務付けられています。

転職先が決まっておらず、収入が無いのに保険料を負担するのは大変ですが、もしものときを考えて、加入手続きをしておきましょう。

会社で加入していた健康保険は、退職当日まで有効で、健康保険証の返却も退職当日でかまいません。

しかし、退職日をまたがってケガや病気の治療を受けていた場合、退職翌日以降は他の健康保険に加入していないと、治療費は全額本人の負担になりますので、気をつけなければいけません。

健康保険証を会社に返却するときは、コピーをとっておくと、いろいろ役立ちますので、忘れないようにしましょう。

会社都合で退職したときの健康保険は、以下の3つから選ぶことになります。

1.任意継続被保険者

会社を退職した場合でも、それまで加入していた健康保険を利用できます。任意継続被保険者の運営は、会社ではなく社会保険事務所や保険組合が行なっていますので、会社の倒産やリストラは関係ありません。

退職するまでに、会社の健康保険に2カ月以上継続して加入していた人であれば、退職の翌日から20日以内に手続きすればOKです。

ただし、加入できる期間は最長で2年間で、その間は再就職や死亡以外で、脱退することはできません。通常、国民健康保険に加入するより、保険料が割安になる傾向があります。

ちなみに、病院で治療を受けたときの医療費負担は、国民健康保険も任意継続被保険者も、同じく3割負担です。

2.国民健康保険

退職した翌日から14日以内に、住所地の市区町村の窓口で手続きします。

保険料は、本人の前年の所得、扶養家族の人数、所有している財産などによって、変わってきます。任意継続被保険者の場合より、割高になるケースが多いようです。

また、保険料の計算は加入手続きした日からではなく、退職の翌日から計算されますので、ご注意ください。

3.家族の被扶養者

生計を立てている家族の、被扶養者(扶養される人)になり、健康保険に加入することです。
年収の制限と、その他いくつかの制限があり、条件が厳しくなっています。

・次ページ →税金の手続き(会社都合の退職・2)

HOME
退職の手続き・2
退職の手続きについて
 雇用保険の手続き
 年金の手続き
 健康保険の手続き
 税金の手続き
 雇用保険の手続き
 年金の手続き
 健康保険の手続き
 税金の手続き
 雇用保険の手続き
 年金の手続き
 健康保険の手続き
 税金の手続き
 雇用保険の手続き
 年金の手続き
 健康保険の手続き
 税金の手続き
 雇用保険の手続き
 年金の手続き
 健康保険の手続き
 税金の手続き
 雇用保険の手続き
 年金の手続き
 健康保険の手続き
 税金の手続き

 サイトマップ1
  | | |
 厳選サイト1
 相互リンク集
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved