HOME退職の手続き・1>退職届の書き方

退職届の書き方

〜書き方の実例や注意点〜

退職届の書き方は、自筆で書いたものを提出するのが一般的で、ワープロソフトで作ったものは避けたほうがいいでしょう。

また、人事部や総務部に提出するのではなく、直属の上司に直接渡すのが礼儀です。

退職届の本文は、白無地の用紙に青や黒のサインペンかボールペンで、楷書でていねいに書きます。

具体的な退職届の書き方は、以下のように縦書きが一般的で、横書きの例は少ないようです。なお、会社側で退職届の用紙や、具体的な書き方が決められている場合もありますので、事前に確かめておきます。

退職届は、会社を辞める最終的な意思を届出る書面で、一度提出すると原則として、撤回することができません。

一方、退職願は会社に提出しても、承認されるまでは撤回できますので、この違いをはっきり頭に入れておきましょう。

退職届の書き方の実例

退職届の書き方

退職届の書き方の注意点

[1] 一行目の下段に、退職届を提出する日付を元号で記入します。

[2] 正式な会社の名称と、代表取締役社長の名前を書き、「殿」
    敬称をつけます。

[3] 自分が所属している会社の部署名を正確に記入して、その後に自分の
    名前を書きます。このとき、必ず社長の名前よりも、自分の名前が下に
    来るようにします。


[4] 自分の名前の最後に、捺印(認印)します。

[5] 退職理由は”一身上の都合”などの慣用句を使います。

[6] 退職する日付を元号で記入します。

[7] 退職届は会社を辞める最終的意思を届出る書面ですから、
    ”退職いたします”と断定する書き方になります。
   *比較→退職願の書き方

*最後に、日付、名前や誤字、脱字がないことを確かめておきましょう。特に、日付については、誤りのないよう十分気をつけましょう。

<退職届の封書 書き方>

退職届の封書の書き方

封書の表面に”退職届”、裏面に所属している部署と自分の名前を書きます。
白無地の封書を使用しますが、のり付して封をする必要はありません。

・次ページ →退職の挨拶状・1

HOME
退職の手続き・1
退職時の手続き(書類)
退職願
退職願の書き方
退職届
退職届の書き方
退職の挨拶状・1
退職の挨拶状・2
退職金の税金
退職金の所得税の計算
退職金の住民税の計算
退職したときの雇用保険
雇用保険1 会社都合で退職
雇用保険2 自己都合で退職
雇用保険3 出産などで退職
雇用保険4 定年で退職
退職した後の健康保険
国民健康保険に加入
健康保険 家族の被扶養者
任意継続被保険者
退職者医療制度
特例退職者医療制度
退職したときの年金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved