HOME退職の手続き・1>退職者医療制度

退職者医療制度

〜厚生年金の受給者が加入する国民健康保険〜

退職者医療制度とは、会社に一定期間以上勤めていた人で、老齢厚生年金を受け取っている人が加入する健康保険です。

保険の区分としては、国民健康保険になりますが、勤労者が定年退職した後の保険制度として、自営業の人が加入する一般の国民健康保険とは、区別されています。

この退職者医療制度は、一般の国民健康保険と同じように、被保険者(=保険加入者)と、その扶養家族が保険加入の対象になります。

なお、扶養家族については、3親等以内の親族であることが必要で、75才以上の老人保健制度の適用を、受けている人は対象外です。

<退職者医療制度の内容>

1.加入条件
  ・老齢厚生年金を受け取っている人。
  ・厚生年金か共済年金に20年以上加入、または40才以降に10年以上
   加入していた人と、その扶養家族。

2.手続きの期限・・・年金証書が到着した翌日から14日以内

3.加入できる期間・・・75才になるまで

4.保険料・・・国民健康保険と同額

5.注意事項
  この退職者医療制度の加入条件を満たしている人は、一般の国民健康保険
  ではなく、この制度への加入となります。

<退職者医療制度の手続き>
届出先 ・住所地の市区町村の窓口
届出人 ・本人
必要書類 [被保険者本人]
・国民健康保険届出書
   ・・・各市区町村の窓口にあります。
・年金証書or裁定通知書
・国民健康保険証or健康保険資格喪失証明書
・高齢受給者証(70才以上の人のみ)
・印鑑(認印)

[扶養家族]
・健康保険証
・健康保険の被扶養者届
   ・・・各市区町村の窓口にあります。
・高齢受給者証(70才以上の人のみ)
・印鑑(認印)

・次ページ →特例退職者医療制度

HOME
退職の手続き・1
退職時の手続き(書類)
退職願
退職願の書き方
退職届
退職届の書き方
退職の挨拶状・1
退職の挨拶状・2
退職金の税金
退職金の所得税の計算
退職金の住民税の計算
退職したときの雇用保険
雇用保険1 会社都合で退職
雇用保険2 自己都合で退職
雇用保険3 出産などで退職
雇用保険4 定年で退職
退職した後の健康保険
国民健康保険に加入
健康保険 家族の被扶養者
任意継続被保険者
退職者医療制度
特例退職者医療制度
退職したときの年金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved