HOME退職の手続き・1>退職願

退職願

〜会社を退職するときは退職願が必要〜

退職願とは、勤務している会社との雇用関係を解消するときに、提出する書類をいいます。

簡単にいうと、従業員の方から会社に対して、退職したいという”申し出”をするときの文書といえます。

会社を辞めるときには、口頭で退職の意思を伝えてもいいのですが、退職したいという意思をはっきり伝える場合は、文書で提出するのが一般的です。

退職願の場合は、あくまで”退職の申し出”になりますので、会社側が承諾するまでは、取り下げることもできます。しかし、会社側が承諾した後では取り下げることは、できないことになっています。

一方、退職届はいったん提出すると、原則として取り下げることはできず、会社に受理された時点で退職となります。ここが退職願と違うところです。

法律上、退職の意思表示は最低2週間以上前に、必要になっていますが、会社の就業規則で期限が定められている場合は、それに従うことになります。

6カ月〜1年という、非常識な期限は論外ですが、1カ月〜3カ月程度の期限を、定めているところが多くなっています。

とはいえ、退職願を提出する前に直属の上司に相談して、きちんと話し合ってから退職する日取りを決めるのが、一般常識といえますし、円満退社のポイントでもあります。

特に、担当している業務が進行中の場合や、会社全体が多忙な場合は、退職するまである程度の期間を、考えておいた方がよいでしょう。

実際のところ退職願と退職届は、はっきり区別して使われていませんが、退職願はあくまで”申し出”であって、最終決定ではありません。一方で退職届は、提出後は原則として取り下げられないということを、知っておいた方がよいでしょう。

・次ページ →退職願の書き方

HOME
退職の手続き・1
退職時の手続き(書類)
退職願
退職願の書き方
退職届
退職届の書き方
退職の挨拶状・1
退職の挨拶状・2
退職金の税金
退職金の所得税の計算
退職金の住民税の計算
退職したときの雇用保険
雇用保険1 会社都合で退職
雇用保険2 自己都合で退職
雇用保険3 出産などで退職
雇用保険4 定年で退職
退職した後の健康保険
国民健康保険に加入
健康保険 家族の被扶養者
任意継続被保険者
退職者医療制度
特例退職者医療制度
退職したときの年金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved