HOME退職の手続き・1>退職の挨拶状・1

退職の挨拶状・1

〜退職をお知らせする挨拶状のポイントと実例〜

退職するときは、業務の引継ぎや挨拶まわりで、以外と忙しくなるもので直接挨拶にいけなかった、取引先もでてくるものです。

こんなときは退職の挨拶状を郵送して、きちんとそれまでのお礼を、伝えておくのがよいでしょう。

挨拶状を出して、人間関係を大切にしておけば、退職後もいろいろ役立つことが多くなるはずです。また、退職したことによる、思わぬトラブルも避けることができます。

<挨拶状のポイント>

 1.文面は、くだけた表現は使わないで”拝啓” ”敬具”を使い、ていねいな
   表現にします。

 2.文中には、相手への感謝の気持ちと、直接挨拶にいけなかったことを、
   お詫びする表現を入れます。

 3.挨拶状は、ハガキでも封書でもよいのですが、封書の方が相手に丁寧な
   印象を与えます。

 4.書式は縦書き、横書きの2通りがありますが、縦書きの方がより丁重な
   挨拶文
となります。

 5.挨拶状自体は、ワープロで作成したものを、白地無地の用紙に黒文字
   プリントアウトして問題ありません。
   (用紙は、質感のよい上質のものがよいでしょう。)

   このとき、挨拶状の下部に少し空白を作っておいて、今後もお付き合いが
   続きそうな方や、特にお世話になった方には、直筆で文章を添えておくと
   印象がよくなります。

 6.退職してから、遅くとも3週間〜4週間ぐらいまでには、郵送しておきます。

<退職の挨拶状> 基本

拝啓  皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、私こと
このたび○○○○株式会社を、平成○年○月○日をもちまして、退職いたしました。

永きにわたり勤務しえましたのも、ひとえに皆々様方のご厚情の賜と心から、感謝いたしております。

今後とも何卒変わらぬご交誼をお願い申し上げます。失礼とは存じましたが、取り急ぎ書面をもちまして、お礼かたがたご挨拶申し上げます。


                                     敬具


平成○年○月吉日

                     東京都新宿区○丁○番○号
                                夏目 ○○

*その他、転職、一身上の都合、定年退職、寿退職など、いくつかの代表的な挨拶状は、退職の挨拶状・2をご覧ください。

・次ページ →退職の挨拶状・2

HOME
退職の手続き・1
退職時の手続き(書類)
退職願
退職願の書き方
退職届
退職届の書き方
退職の挨拶状・1
退職の挨拶状・2
退職金の税金
退職金の所得税の計算
退職金の住民税の計算
退職したときの雇用保険
雇用保険1 会社都合で退職
雇用保険2 自己都合で退職
雇用保険3 出産などで退職
雇用保険4 定年で退職
退職した後の健康保険
国民健康保険に加入
健康保険 家族の被扶養者
任意継続被保険者
退職者医療制度
特例退職者医療制度
退職したときの年金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved