HOME退職の手続き・1>雇用保険・3 出産、病気などで退職

雇用保険・3 出産、病気などで退職

〜出産、病気、介護での退職は、働けるようになってからの受給〜

本人の出産、病気、あるいは親の介護などの理由で、退職したときはすぐに雇用保険の基本手当(=失業手当)を、受け取ることはできません。

基本手当の受給条件として、本人に働く意思があり、かつすぐにでも会社に勤務できる状態にある必要があるからです。

つまり、いくら本人に働く意思があったとしても、出産、病気、介護などの理由で、すぐに働けない場合は、基本手当を受け取ることができません。

そこで、ハローワークに基本手当(=失業手当)の受給期間の延長の手続きをしておいて、働ける状態になってから、手当受け取りの手続きをすることになります。

出産、病気などで退職したときの、雇用保険の手続き

1.退職前
・まず”雇用保険被保険者証”の有無を確認しておきます。この書類は、基本手当(=失業手当)の受け取りに必要ですから、もし紛失している場合は、必ず勤務先で再交付の手続きをしておきましょう。

・退職時に勤務先で”雇用保険被保険者資格喪失届””離職証明書”が作成されますので、その内容を確認して、署名捺印します。

・同じく、基本手当の受け取りに必要な”離職票-1、-2”をもらう方法を、勤務先と打ち合わせておきます。

離職票-1、-2は、社員が退職した日から10日以内に、勤務先がハローワークに手続きした後で発行されるものです。

つまり、退職当日までに受け取ることができないので、事前に受け取り方法を決めておくわけです。
    ↓ ↓
2.退職後・・・退職してから10日〜14日以内
退職した勤務先から”離職票-1、-2”を受け取ります。特に、離職票-2に記載されている、退職理由やもらっていた給与の金額は、基本手当の受け取り額や受け取り日に関係しますので、とても重要なポイントです。
    ↓ ↓
3.基本手当(=失業手当)の延長手続き・・・退職の翌日から30日〜60日
すぐに働けない状態が、退職の翌日から30日以上になったときに、延長の手続きを1カ月以内に行ないます。
*参照 →失業手当の受給期間の延長

4.雇用保険の手続き開始(求職の申込み)・・・働けるようになったら
働けるようになったら、ハローワークに以下の書類を揃えて、求職の申込みをします。

このとき、窓口で簡単な面接があり、受付完了となります。これを”受給資格の決定”といいます。

<必要書類>
 :離職票-1、-2
 :雇用保険被保険者証
 :写真1枚(上半身を写した 横2.5cm×縦3cmのもの)
 :身分証明書(運転免許証やパスポートなど、写真付きで氏名、年令、
  住所を確認できる書類)
 :本人の預金通帳(ただし、郵便貯金は不可)
      ・・・基本手当の振込み先になります。
 :認印
    ↓ ↓
5.待機期間・・・求職の申込みから7日間
雇用保険の基本手当を受け取るには、法律で決められた7日間の待機期間があります。
    ↓ ↓
6.雇用保険受給説明会に出席・・・求職の申込みから約10日後
・ハローワークで今後のスケジュールや、内容の説明が約2時間程度あります。原則として、代理人での出席は認められていませんので、必ず本人の出席が必要です。

・この説明会では、基本手当の受け取りに必要な”失業認定申請書”と、”雇用保険受給資格者証”が配布されます。

・ハローワーク側から、1回目の失業認定日の日時の指定があります。
    ↓ ↓
7.1回目の失業認定日に出席・・・求職の申込みから4週間後
・雇用保険受給説明会でもらった”失業認定申請書”に、就職活動の状況を記入して提出します。

・ハローワーク側から、2回目の失業認定日の日時の指定があります。
    ↓ ↓
8.基本手当(失業手当)の受け取り・・・1回目の失業認定日から5〜7日後
1回目の基本手当の、受け取りになります。1回目の失業認定日から約5〜7日後に、本人名義の銀行口座に振り込まれます。
    ↓ ↓
9.2回目の失業認定日に出席・・・1回目の失業認定日から4週間後
これ以降、基本手当の受け取りが完了するまで、必ず指定された失業認定日(4週間に一度)に出席します。その都度、基本手当が約5〜7日後に、銀行口座に振り込まれます。

原則として、以上のスケジュールは、本人が勝手に変更することはできませんが、もし、病気や事故で出席できなかった場合は、それを証明する書類を添えて、手続きすることができます。

・次ページ →雇用保険4 定年で退職

HOME
退職の手続き・1
退職時の手続き(書類)
退職願
退職願の書き方
退職届
退職届の書き方
退職の挨拶状・1
退職の挨拶状・2
退職金の税金
退職金の所得税の計算
退職金の住民税の計算
退職したときの雇用保険
雇用保険1 会社都合で退職
雇用保険2 自己都合で退職
雇用保険3 出産などで退職
雇用保険4 定年で退職
退職した後の健康保険
国民健康保険に加入
健康保険 家族の被扶養者
任意継続被保険者
退職者医療制度
特例退職者医療制度
退職したときの年金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved