HOME退職の手続き・1>退職願の書き方

退職願の書き方

〜具体例と書き方のポイント〜

退職願を書くときは、まず会社側で決めれている書き方があるかどうか確認して、もし、指定の書き方や用紙がある場合は、そちらの方法で作成します。

特に指定がない場合は、以下の具体例のような書式で書くとよいでしょう。

退職願の本文は、白無地の便せんに黒か青のボールペン、あるいはサインペンで楷書で書きます。

パソコンで作成したものをプリントアウトしたものではなく、必ず自筆で書いたものを提出します。提出するときは、直接、直属の上司に手渡しするのがマナーです。

なお最近では、退職願の本文を横書きにする場合もありますが、まだまだ縦書きの方が一般的です。

退職願の書き方 具体例

退職願の書き方

退職願の書き方 注意点

[1] 最初の1行目は、行の一番下に”私事”または”私儀”と記入します。

[2] 退職理由は、詳しく記入する必要はありませんので、”一身上の都合”
    あるいは”家事の都合”など、よく使われている言葉で十分です。

[3] 退職日は、上司や会社側と相談の上、合意した日付を記入し、
    西暦ではなく元号で記入します。

[4] 退職願を実際に提出する日付、会社で所属していた部署、自分の氏名を
    記入します。書き出しは、本文より少し下げて自分の氏名が、
    社長の氏名より下に来るように書く
のが礼儀となっています。

[5] 氏名の後には、必ず捺印(認印でOK)を忘れないようにします。

[6] 会社の正式名称と社長の氏名を書き、敬称として「殿」を付けます。

*最後に、退職願の書き方や内容をもう一度チェックして、誤字、脱字や氏名、日付の間違いがないようにしましょう。

<退職願の封書 書き方>

退職願の封書の書き方

封書は白無地のものを使い、楷書で表に”退職願”、裏に”所属部署と氏名”を記入します。(のり付けして、封をする必要はありません。)

・次ページ →退職届

HOME
退職の手続き・1
退職時の手続き(書類)
退職願
退職願の書き方
退職届
退職届の書き方
退職の挨拶状・1
退職の挨拶状・2
退職金の税金
退職金の所得税の計算
退職金の住民税の計算
退職したときの雇用保険
雇用保険1 会社都合で退職
雇用保険2 自己都合で退職
雇用保険3 出産などで退職
雇用保険4 定年で退職
退職した後の健康保険
国民健康保険に加入
健康保険 家族の被扶養者
任意継続被保険者
退職者医療制度
特例退職者医療制度
退職したときの年金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved