HOME退職の手続き・1>任意継続被保険者

任意継続被保険者

〜最長2年間は、在職中の健康保険が利用できる〜

任意継続被保険者とは、退職しても元の勤務先の健康保険に、最長で2年間そのまま加入できる制度です。

退職して、転職先を探しているのになかなか再就職できなかったり、家族の加入している健康保険の被扶養者に、なれなかったときに利用できます。

もちろんこの制度を利用しないで、国民健康保険に加入することもできます。しかし、一般的に任意継続被保険者になる方が、国民健康保険に加入するより、保険料が安くなる場合が多いのでお得です。

もし、在職中に手続きする場合は、勤務先で手続きを行なってくれるケースもありますので、確かめてみるとよいでしょう。

なお、会社員の健康保険には、企業団体が運営する”組合管掌健康保険”と、社会保険事務所が運営する”政府管掌健康保険”の2つがあります。健康保険証には、どちらの保険かはっきり明記されています。

<任意継続被保険者の内容>

1.加入条件
  退職前まで、2カ月以上継続して勤務先の健康保険に加入していることが
  必要で、公務員が加入している共済組合では、1年以上になっています。

2.手続きの期限
  退職の翌日から20日以内。これを過ぎると、正当な理由がない限り申請を
  受付けてくれませんので、十分注意しなければなりません。

3.保険料
  本人が退職時に支払っていた保険料と、健康保険組合全員の平均の
  保険料を比べて、どちらか安い方の保険料を支払います。

  ただし保険料は、在職中は勤務先と本人がそれぞれ、50%づつの
  負担でしたが、任意継続被保険者になると本人が全額負担となります。

  それでも、国民健康保険に加入するより、保険料が安くなる場合が
  多くなっています。

  また、雑所得や不動産所得など別の所得があったときも、保険料が
  高くなることはありませんが、一度決まった保険料は、任意継続被保険者に
  加入している期間は変わりません。

4.注意事項
  任意継続被保険者に加入できるのは最長2年間で、その後は他の
  健康保険に加入することになります。

  いったん加入すると、再就職や死亡以外の理由で、途中でやめることは
  できません。

  また、在職中の健康保険とほぼ同等の保障がありますが、保険料の
  支払いが遅れると、すぐに脱退になる場合がありますので、
  気をつけなければいけません。

<任意継続被保険者の手続き>
申請先 ・健康保険組合or社会保険事務所
 (加入している健康保険によって違います)
申請人 ・本人
必要書類 ・任意継続被保険者資格取得申請書
   ・・・健康保険組合か社会保険事務所で入手します。
・本人確認の書類
   ・・・当日に保険証を交付してもらうには、運転免許証や
      パスポートが必要です。
・住民票、健康保険被扶養者届
   ・・・扶養家族がいる場合に必要になります。
・印鑑(認印)

*申請当日に健康保険料を現金で、精算する場合もありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

・次ページ →退職者医療制度

HOME
退職の手続き・1
退職時の手続き(書類)
退職願
退職願の書き方
退職届
退職届の書き方
退職の挨拶状・1
退職の挨拶状・2
退職金の税金
退職金の所得税の計算
退職金の住民税の計算
退職したときの雇用保険
雇用保険1 会社都合で退職
雇用保険2 自己都合で退職
雇用保険3 出産などで退職
雇用保険4 定年で退職
退職した後の健康保険
国民健康保険に加入
健康保険 家族の被扶養者
任意継続被保険者
退職者医療制度
特例退職者医療制度
退職したときの年金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved