HOME退職の手続き・1>健康保険 家族の被扶養者

健康保険 家族の被扶養者

〜所得が低いときや、再就職しないときの健康保険〜

家族の被扶養者とは、本人以外の家族が加入している健康保険に、被扶養者として加入することをいいます。

例えば、定年退職後に再就職せず、家族(例えば長男)に扶養される場合や、司法試験の受験に専念するため、親に養ってもらう場合などです。

つまり、健康保険証には被扶養者(扶養されている人)として、記載されるわけです。

健康保険の被扶養者になると、保険料の支払いは一切不要になります。しかし、この制度を利用するには、比較的厳しい条件が決められています。

また、手続きは被保険者(=保険加入者)の勤務先で、行なってもらうことになります。

<家族の被扶養者の内容>

1.加入条件(以下の条件を全て満たしている必要があります。)
  ・被保険者(=保険加入者)によって、生計を立てていること。

  ・被保険者と3親等以内の親族で、父母、祖父母などの直系尊属、子、孫、
   配偶者、兄弟以外が被扶養者になるときは同居していること。

  ・被保険者と同居のときは、被扶養者の年収が130万円未満で、
   かつ被保険者の年収の50%以下
であること。

  ・被保険者と別居のときは、被扶養者の年収が130万円未満で、
   かつ被保険者の援助(仕送り)よりも少ない
こと。

  ただし、被扶養者が60才以上のときや、障害厚生年金や障害基礎年金を
  受け取っているときは、年収の制限は180万円未満になっています。

2.手続きの期限
   退職の翌日から5日以内

3.加入できる期間
  制限はありません。

4.保険料
  保険料は一切かかりません。
  被保険者(=保険加入者)のみの支払いになります。

5.注意事項
  加入する健康保険によって、加入条件が違う場合があります。また、
  傷病手当金の給付はありません。

<健康保険 家族の被扶養者>
届出先 ・被保険者(=保険加入者)の勤務先
届出人 ・被保険者
必要書類 ・健康保険被扶養者届・・・親族の勤務先で入手
・被扶養者の所得を証明する書類(課税証明書)
    ・・・市区町村で入手
・住民票
・被扶養者の退職証明書・・・退職した会社で入手
・印鑑(認印)

*加入する健康保険によって、必要書類に違いがありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

・次ページ →任意継続被保険者

HOME
退職の手続き・1
退職時の手続き(書類)
退職願
退職願の書き方
退職届
退職届の書き方
退職の挨拶状・1
退職の挨拶状・2
退職金の税金
退職金の所得税の計算
退職金の住民税の計算
退職したときの雇用保険
雇用保険1 会社都合で退職
雇用保険2 自己都合で退職
雇用保険3 出産などで退職
雇用保険4 定年で退職
退職した後の健康保険
国民健康保険に加入
健康保険 家族の被扶養者
任意継続被保険者
退職者医療制度
特例退職者医療制度
退職したときの年金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved