HOME所得税と住民税の手続き>所得税の計算方法

所得税の計算方法

〜所得税の計算は、経費や赤字を差し引いてから〜

所得税は、個人がその年の1月1日〜12月31日までの、1年間の所得に対して課税されるものです。

所得税を計算するには、全ての収入から経費や赤字分と、税法上で認められた所得控除などを、差し引いた後で税率をかけます。

具体的な所得税の計算方法は、次のようになっています。


1. 全ての収入を、所得の種類によって区別します。
所得の種類には、事業所得、不動産所得、給与所得など10種類あります。
2. それぞれの、所得の種類ごとに必要経費や損失分(赤字分)を、差し引いて所得金額を計算します。

例えば、ブランド品を販売している物販店で、
1年間の売上が3,600万円、仕入れや人件費、家賃などの経費が2,000万円であれば、事業所得金額は1,600万円になります。

このとき、他に赤字の所得があれば、その赤字分を差し引いて計算できます。

ただし、差し引くことができるのは、事業所得、譲渡所得、不動産所得、山林所得の4つだけで、美術品、骨董品、宝石、あるいは競輪、競馬などの生活上必要のないもでの赤字分は、差し引いて計算できません。
3. その年から、3年前までに赤字があった場合は、2.の所得金額から差し引くことができます。
4. 3.から所得控除を差し引いて、課税所得を計算します。
所得控除は、税法上で認められている控除分で、配偶者控除をはじめ15種類あります。
5. 4.の課税所得が、所得税の対象となる金額になりますので、これに所得税率をかけて計算すると実際の税額になります。

・次ページ →非課税所得

HOME
所得税と住民税の手続き
所得税とは
所得の種類
所得税率
所得税の計算方法
非課税所得
課税証明書とは
住民税とは
住民税の税率
住民税の納付
所得控除とは
医療費控除とは
配偶者控除とは
配偶者特別控除とは
社会保険料控除とは
生命保険料控除とは
損害保険料控除とは
扶養控除とは
勤労学生控除とは
寡婦控除とは
寡夫控除とは
障害者控除とは
雑損控除とは
小規模企業共済等掛金控除とは
寄付金控除とは
基礎控除とは
公的年金控除とは
給与所得控除とは

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved