HOME所得税と住民税の手続き>所得税率

所得税率

〜所得税率は平成19年分から変更になった〜

所得税額は、各個人の課税所得に所得税率を、かけることによって計算できます。

この所得税率は、所得が多くなるほど税率が高くなる”超過累進税率”になっています。

平成19年からは、所得税率が変更になりましたので、比較できるように従来の税率も取り上げました。

従来の所得税率


課税所得 税率 控除額
330万円以下 10%
330万円超〜900万円以下 20% 33万円
900万円超〜1,800万円以下 30% 123万円
1,800万円超〜 37% 249万円
*課税所得の1,000円未満の端数は切り捨て

平成23年6月30日時点の所得税率


課税所得 税率 控除額
195万円以下 5%
195万円超〜330万円以下 10% 9万7,500円
330万円超〜695万円以下 20% 42万7,500円
695万円超〜900万円以下 23% 63万6,000円
900万円超〜1,800万円以下 33% 153万6,000円
1,800万円超〜 40% 279万6,000円

*課税所得の1,000円未満の端数は切り捨て

新しい所得税率で所得税を計算すると、

課税所得が450万円の場合、上の表より
450万円×20%(税率)−42万7,500円(控除額)=47万2,500円になります。

課税所得とは、その年の収入から必要経費、損失、所得控除を差し引いたもので、詳しくは所得税とはをご覧ください。

平成19年以降は、所得税率の課税段階が細かくなり、所得が高い人ほど税額が高くなりました。

なお、東北大地震の復旧、復興の財源を確保するため、平成24年以降に所得税率のアップや控除額の変更も、十分考えられます。

・次ページ →所得税の計算方法

HOME
所得税と住民税の手続き
所得税とは
所得の種類
所得税率
所得税の計算方法
非課税所得
課税証明書とは
住民税とは
住民税の税率
住民税の納付
所得控除とは
医療費控除とは
配偶者控除とは
配偶者特別控除とは
社会保険料控除とは
生命保険料控除とは
損害保険料控除とは
扶養控除とは
勤労学生控除とは
寡婦控除とは
寡夫控除とは
障害者控除とは
雑損控除とは
小規模企業共済等掛金控除とは
寄付金控除とは
基礎控除とは
公的年金控除とは
給与所得控除とは

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved