HOME所得税と住民税の手続き>配偶者特別控除とは

配偶者特別控除とは

〜配偶者の収入が一定範囲のときの控除枠〜

配偶者特別控除とは、配偶者控除の対象外のときでも、配偶者の合計所得金額が76万円未満であれば、控除される制度です。

ただし、納税者本人の合計所得金額が、1,000万円以下であることが必要です。

配偶者特別控除を受けることのできる、配偶者の条件は次の5つが全て満たされていることが必要です。

1.納税者本人と生計を同じくする配偶者。
2.内縁関係の人は対象外で、法律上、正式の配偶者であること。
3.年間の所得金額が38万円超〜76万円未満
4.青色申告者の事業専従者で、給与を受け取っていないこと。
  または、白色申告者の事業専従者でないこと。
5.他の人の扶養親族でないこと。(納税者以外の扶養親族でないこと)

配偶者特別控除を、受けることができる具体例としては、

サラリーマンの、ご主人の所得が1,000万円以下で、その奥さんがパートで働いているときの所得が38万円超〜76万円未満のときです。

つまり、奥さんのパート所得が38万円を超えて、配偶者控除を利用できないときに、配偶者特別控除を利用できるわけです。

なお、事業専従者とは、納税者本人が経営する会社で、働いている人をいいます。

例えば、納税者本人が確定申告で青色申告をしている場合に、その配偶者がその会社で働いて、給料をもらっているときと、

納税者本人が確定申告で白色申告をしている場合に、その配偶者がその会社で働いているときは、配偶者特別控除を受けることはできません。

<所得税と住民税の控除額の違い>
配偶者特別控除は、配偶者の合計所得金額に応じて、控除額が下表のように変わってきます。

配偶者の合計所得額 所得税の控除額 住民税の控除額
38万円超〜40万円未満 38万円 33万円
40万円以上〜45万円未満 36万円
45万円以上〜50万円未満 31万円
50万円以上〜55万円未満 26万円
55万円以上〜60万円未満 21万円
60万円以上〜65万円未満 16万円
65万円以上〜70万円未満 11万円
70万円以上〜75万円未満 6万円
75万円以上〜76万円未満 3万円
76万円以上〜 ナシ

・次ページ →社会保険料控除とは

HOME
所得税と住民税の手続き
所得税とは
所得の種類
所得税率
所得税の計算方法
非課税所得
課税証明書とは
住民税とは
住民税の税率
住民税の納付
所得控除とは
医療費控除とは
配偶者控除とは
配偶者特別控除とは
社会保険料控除とは
生命保険料控除とは
損害保険料控除とは
扶養控除とは
勤労学生控除とは
寡婦控除とは
寡夫控除とは
障害者控除とは
雑損控除とは
小規模企業共済等掛金控除とは
寄付金控除とは
基礎控除とは
公的年金控除とは
給与所得控除とは

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved