HOMEクレジットカード>クレジットカードの盗難・紛失保険

クレジットカードの盗難・紛失保険

〜カード所有者には絶対必要な保険〜

クレジットカードの盗難や紛失に気付いたときは、なるべく早くカード会社に連絡し、なおかつ警察に盗難届を出すのが大切です。

連絡が遅れるほど、不正に悪用される確率が高くなります。

最近は、土、日、祝日であっても受付けているカード会社が多くなりましたので、まずは電話連絡してみることです。

できれば、普段持ち歩いている手帳や財布に、カード会社の連絡先を、メモしておくのがよいでしょう。

カード会社では、利用者から盗難や紛失の連絡があると、そのクレジットカードを使用停止にすることができますので、その後で、新しいクレジットカードを再発行してもらいます。(再発行は2〜3週間程度)

また警察への盗難届は、カードの不正利用で、損害にあったときに盗難、紛失保険の適用に必要になりますので、忘れないようにしたいものです。

ただし、盗難届はあくまでカード所有者が、警察に対して提出する書類なので、盗難届を提出した後で、警察の方から盗難届の証明書をもらっておく必要があります。

カード被害があったときに、保険手続きするときはこの盗難届証明書をカード会社に提出することになります。

なお、クレジットカードの盗難、紛失保険は、全てのカード被害を補償しているわけではなく、カード所有者にミス(=過失)があった場合は、補償されない場合もあります。

例えば、
・クレジットカードの裏面に、本人のサインがないとき
・暗証番号が本人の生年月日や電話番号で、他人でも簡単に
 不正利用できたとき
・クレジットカードの保管が不十分なため、他人でも簡単に
 不正利用できたとき


このような場合は、保険で補償されないケースが多くなっていますので、他人にすぐにわかるような暗証番号はさけ、カードの保管も十分気配りする、必要があります。

また、クレジットカードを利用したときは、売上票の控えは必ず受け取り、後日カード会社から郵送されてくる請求書と、照合しておきましょう。特に海外で、クレジットカードを利用するときは、十分気をつけなければいけません。

もし、売上票の控えと請求書を照合して、身に覚えのない請求があったときは、すぐにカード会社に連絡します。

クレジットカードの盗難、紛失保険の補償期間は、カード会社によっても多少違いますが、警察に盗難届を提出した日の、前後60日間の合計120日間が一般的です。

補償金額の上限は、無制限ではありませんが数百万円〜数千万円程度で、通常のカード被害の金額が、カバーできるものとなっています。

また保険料は1年間で、数十円から高いもので数百円程度ですから、盗難、紛失保険には必ず加入しておきましょう。もし、未加入で被害にあったときは、全額本人負担になります。

通常はカード会員になると、自動的に加入するカードが多いのですが、中には、保険だけは別になっている場合もありますので、加入時には忘れず確認しておきたいものです。

・次ページ →クレジットカードの個人情報

HOME
クレジットカード
クレジットカードのしくみ
クレジットカードの申込
クレジットカード申込の
必要書類
クレジットカードの審査
クレジットカード審査の詳細・1
クレジットカード審査の詳細・2
クレジットカードの決済・1
クレジットカードの決済・2
年会費無料のクレジットカード
人気クレジットカード
国際クレジットカード
クレジットカードのキャッシング
クレジットカードの
盗難・紛失保険
クレジットカードの個人情報
信用情報機関とは
ブラックリストとは
貸金業登録番号
グレーゾーン金利
クレジットカードの
セキュリティ・1
クレジットカードの
セキュリティ・2
ICクレジットカード
クレジットカード海外での
利用・1
クレジットカード海外での
利用・2
クレジットカードの相談先

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved