HOMEクレジットカード>信用情報機関とは

信用情報機関とは

〜カードの審査で照会される、個人情報が保管されている〜

信用情報機関とは、クレジットカードの申込みがあったときに、他社での利用状況や過去に事故情報がないかを、調べるために設けられた機関です。

事故情報とは、代金の延納、滞納あるいは自己破産などのことで、いわゆるブラックリストと呼ばれている情報です。

クレジットカード会社は、カード申込者が申込書に記入した事項だけでは、カードを発行していいかどうか判断できませんから、それを裏付ける正確な個人情報が必要になります。

このとき利用するのが、信用情報機関の顧客情報や債務情報になります。クレジットカードの申込みがあったときは、必ず、この信用情報機関のデータを照会してカード発行の有無を判断します。

信用情報機関に登録されている情報は、
・氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先などの顧客情報
・過去の利用履歴、返済金額や返済日などの債務情報
・過去の延納や滞納などの事故情報
の3つです。

カード申込者が、他社のクレジットカードやキャッシングカードを利用していても、収入に見合った借入れと、返済をきちんと行なっていれば問題ありません。

しかし、延納、滞納を何度も繰り返していた場合は、信用情報機関にその記録が登録され、当然、カードの発行は見送りになります。

また、初めてクレジットカードを申込む人は、信用情報機関に情報がありませんが、この場合も申込書に記入した事項は登録されます。

これによって、初めての人でも、一度に多数のクレジットカードを申込んだりすると、カードを発行してもらえないときもあります。

現在、日本には代表的な4つの信用情報機関があり、それぞれ業種によって、加盟している機関が分かれています。

<代表的な信用情報機関>
1. 全国銀行個人信用情報センター(全銀協=JBA)
銀行と、銀行の関連会社である銀行系クレジット会社、銀行系信用保証会社、信用金庫、農業協同組合、労働金庫などが加盟しています。
2. (株)シー・アイ・シー(CIC)
(社)日本クレジット産業協会、(社)全国信販協会、日本信用情報センターの三者が共同で設立しました。銀行系を除く、流通系、信販会社、メーカー系のクレジットカード会社が加盟しています。
3. (株)シーシービー(CCB)
銀行系、流通系、信販系のクレジット会社など、33社共同で1979年に設立されました。
4. 全国信用情報センター連合会(全情連)
消費者金融専業の会社が設立した団体で、利用者のキャッシング情報を100%全て登録しており、4つの機関の中では、一番情報が正確で、信頼性が高いと言われています。
(クレジットカードの個人情報は扱っていません。)

これら4つの機関の個人情報は、加盟している会員のみが利用でき、カード審査以外で利用されることはありません。

ただし、自分の個人情報を確認したいときは、所定の手続きをすれば、登録されている個人情報を知らせてくれます。

・次ページ →ブラックリストとは

HOME
クレジットカード
クレジットカードのしくみ
クレジットカードの申込
クレジットカード申込の
必要書類
クレジットカードの審査
クレジットカード審査の詳細・1
クレジットカード審査の詳細・2
クレジットカードの決済・1
クレジットカードの決済・2
年会費無料のクレジットカード
人気クレジットカード
国際クレジットカード
クレジットカードのキャッシング
クレジットカードの
盗難・紛失保険
クレジットカードの個人情報
信用情報機関とは
ブラックリストとは
貸金業登録番号
グレーゾーン金利
クレジットカードの
セキュリティ・1
クレジットカードの
セキュリティ・2
ICクレジットカード
クレジットカード海外での
利用・1
クレジットカード海外での
利用・2
クレジットカードの相談先

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved