HOMEクレジットカード>クレジットカードの審査

クレジットカードの審査

〜審査では返済能力と、事故情報がないことがポイント〜

クレジットカードは、カード会員が手元に現金がなくても、ショッピングができるメリットがあります。

これは、カード会社が会員の利用した代金を、一時的に立て替えて店に支払っているからです。

このため当然のことですが、クレジットカード会社の審査をパスしなければ、カード会員になることはできません。

カード会社が審査基準としている項目は、

 1.定職に就いていること
 2.年収(200〜300万円以上)
 3.年令(18〜20才以上)
 4.固定電話で連絡が取れること
(携帯電話だけでは不可の場合もあり)
 5.過去に滞納や延納などの事故情報がないこと


の5つがあります。(カード会社によって、審査基準が異なります。)
この中でも、特に重要視する審査項目は返済能力について。

この返済能力とは、単に年収が多いということではなく、定職に就いて最低でも1年以上の勤続年数が必要だということです。

つまり、毎月定期的に、一定以上の収入が継続的にあることが、求められるわけです。

たとえ、年収が1,000万円以上ある自営業の人や、あるいは、派遣社員、フリーターの人は、収入が不安定になりやすいため、一般の会社員よりも審査基準が厳しくなります。

会社員で一定以上の勤続年数と収入があれば、小規模の会社であっても審査は通りやすくなります。

ただし、銀行系のクレジットカード会社では、他のカード会社よりも審査基準が厳しくなっているのが現状です。

返済能力以外の審査としては、年令が18〜20才以上であることが必要で、固定電話で本人に確実に連絡が取れることも必要です。(携帯電話でもOKのときもあり)

さらに詳しい審査基準については、クレジットカードの審査基準の詳細・1をご覧ください。

また、次のような事項があったときは、カードの審査は通りません。

・一度に何枚ものクレジットカードやキャッシングカードの申込みをしている
・他のカード会社の利用残高が多額になっている
・過去にカードを利用して、たびたび滞納や延納を繰り返していた
  (事故情報)
・過去に自己破産やカードを悪用したことがある(事故情報)


クレジットカード会員とカード申込者の個人情報は、「信用情報機関」にもれなく登録されます。

審査にあったては、カード申込者の申告内容と、信用情報機関に登録されている、個人の信用情報を照合して、ウソの申告をしていないかも同時に審査されます。

ですから、クレジットカードを申込む場合は、個人情報を正確に申告して、間違いやウソの申告をしないように気をつけましょう。

(もちろん、これらの信用情報は、審査するときに利用するだけで、他で流用することはありません。)

なお、登録されている自分の信用情報は、上記の信用情報機関で事前に調べてもらうことができます。

・次ページ →クレジットカード審査の詳細・1

HOME
クレジットカード
クレジットカードのしくみ
クレジットカードの申込
クレジットカード申込の
必要書類
クレジットカードの審査
クレジットカード審査の詳細・1
クレジットカード審査の詳細・2
クレジットカードの決済・1
クレジットカードの決済・2
年会費無料のクレジットカード
人気クレジットカード
国際クレジットカード
クレジットカードのキャッシング
クレジットカードの
盗難・紛失保険
クレジットカードの個人情報
信用情報機関とは
ブラックリストとは
貸金業登録番号
グレーゾーン金利
クレジットカードの
セキュリティ・1
クレジットカードの
セキュリティ・2
ICクレジットカード
クレジットカード海外での
利用・1
クレジットカード海外での
利用・2
クレジットカードの相談先

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved