HOMEクレジットカード>クレジットカードの個人情報

クレジットカードの個人情報

〜個人情報に関しては2つの法律がある〜

クレジットカードを申込むときや、利用するときに問題になるのが、個人情報の取り扱いです。

最近の情報化社会に対応して、個人情報の取り扱いを定めた2つの法律が、制定されています。

<個人情報保護法>
2004年4月から施行され、公的機関や民間企業に対して、個人情報の不正な使用を禁止した法律です。

現代の社会では、ネットワークが発達して、大量の個人データでも一瞬にしてコピーされたり、外部に流失することも珍しくありません。

ほとんどの場合、そのデータが不法に売買されたり、悪用されたりして、迷惑する人がでてきます。

そこで、個人情報保護法では、個人の情報を使用するときは、事前に本人の了解を取る必要があり、その目的以外に使用することを禁止しています。

例えば、カード所有者に対して、いきなりダイレクトメールを送ったり、他の商品の購入を電話で勧誘することは許されていません。

同じように、勝手に他人に情報を漏らすことも禁止しており、もし、これに違反した場合は罰則が設けられています。


<本人確認法>
2003年1月に施行された法律で、主な目的は、テロリストの資金隠しやマネーロンダリング(資金洗浄)を、防ぐために定められました。

具体的には、

・預金口座を新しく開設するときは、本人の氏名、住所、生年月日を
 書類で確認すること
・本人確認をした記録を作成し、保存すること
・本人の口座での取引記録を作成して、一定期間保存すること

の3つが決められています。同じように、クレジットカード会社がキャッシングサービス付きのカードを発行した場合も、本人を確認した書類の記録と、キャッシングの取引状況を記録することが義務付けられました。

このため、新しくクレジットカードを申込む場合は、本人確認のための公的な書類をカード会社に提出する必要があります。
*参考→クレジットカードの申込の必要書類

ただし、カード会社が指定している銀行に口座があるときは、本人確認の書類が不要な場合もあります。

・次ページ →信用情報機関とは

HOME
クレジットカード
クレジットカードのしくみ
クレジットカードの申込
クレジットカード申込の
必要書類
クレジットカードの審査
クレジットカード審査の詳細・1
クレジットカード審査の詳細・2
クレジットカードの決済・1
クレジットカードの決済・2
年会費無料のクレジットカード
人気クレジットカード
国際クレジットカード
クレジットカードのキャッシング
クレジットカードの
盗難・紛失保険
クレジットカードの個人情報
信用情報機関とは
ブラックリストとは
貸金業登録番号
グレーゾーン金利
クレジットカードの
セキュリティ・1
クレジットカードの
セキュリティ・2
ICクレジットカード
クレジットカード海外での
利用・1
クレジットカード海外での
利用・2
クレジットカードの相談先

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved