HOMEクレジットカード>クレジットカード海外での利用・1

クレジットカード海外での利用・1

〜海外でクレジットカードを使うときの注意点〜

海外へ旅行や出張したときに、キャッシュレスでショッピングできるクレジットカードは、とても便利です。

その反面、注意して使わないと、思わぬトラブルにあうことがあります。

ここでは、クレジットカードを海外で利用するときの、基本的な注意事項を取り上げました。

1. ICクレジットカードの場合
カードにチップが埋め込まれている、ICクレジットカードを利用するときは、暗証番号をしっかり覚えておきましょう。

ICカード決済端末機(CAT)を使っている海外の店では、支払いのときにサインではなく、必ず暗証番号の入力が求められます。
もし、暗証番号を忘れていると、カードでの支払いは受付けてもらえません。

なお、カード会社に忘れてしまった暗証番号を問い合わせても、自宅宛に郵送での連絡となりますので、日数がかかります。
(なりすましなどの、不正行為を防ぐため、電話で暗証番号は教えてくれません。)
2. 支払い金額と利用日
カードを利用すると、店側から売上票が渡されますので、代金、税金の明細金額と利用した日付をチェックします。

もし、不信な点があるときは、その場で質問して確認しておきましょう。海外だからといって、遠慮することはありません。

原則として、海外での支払いはその国の通貨で行なわれますので、通貨単位も同時にチェックします。後日、円に換算した金額で、カード会社から請求書が送られてきます。
3. キャンセルについて
海外では、売上票に
"NO CANCELLATION" "NO REFUND"と記入されている場合は、品物の取り消しや払い戻しが、できないことになっています。
4. 暗証番号orサイン
売上票をチェックして、不信なところがなければ、暗証番号の入力かサインをします。ICカードの決済端末機の場合は暗証番号、それ以外はサインになります。

サインで決済するときは利用前に、クレジットカードの裏面に本人のサインを必ず記入しておき、それと同じサインを売上票に記入します。海外であっても、ローマ字あるいは、漢字、ひらがなのどちらでも使用できます。
5. 売上票の控え
売上票の控えを受け取り、保管しておきます。これは、不正な請求がされていないかチェックするために必要で、後日カード会社から送られてきた請求書と照らし合わせて、もし、身に覚えのない請求があったときは、すぐクレジットカード会社に連絡します。

また、売上票が複写タイプのときは、売上票の控え以外は、その場で破り捨てて、不正に重複した請求ができないようにしておきます。

海外に出かけるときは、盗難、紛失保険に加入しておけば、不正な請求や盗難にあったときも、損害額が保障されるので安心です。

・次ページ →クレジットカード海外での利用・2

HOME
クレジットカード
クレジットカードのしくみ
クレジットカードの申込
クレジットカード申込の
必要書類
クレジットカードの審査
クレジットカード審査の詳細・1
クレジットカード審査の詳細・2
クレジットカードの決済・1
クレジットカードの決済・2
年会費無料のクレジットカード
人気クレジットカード
国際クレジットカード
クレジットカードのキャッシング
クレジットカードの
盗難・紛失保険
クレジットカードの個人情報
信用情報機関とは
ブラックリストとは
貸金業登録番号
グレーゾーン金利
クレジットカードの
セキュリティ・1
クレジットカードの
セキュリティ・2
ICクレジットカード
クレジットカード海外での
利用・1
クレジットカード海外での
利用・2
クレジットカードの相談先

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved