HOMEクレジットカード>ブラックリストとは

ブラックリストとは

〜延滞をたびたび繰り返していると登録される〜

「ブラックリスト」に載っているから、クレジットカードをつくったり、住宅ローンが組めない、ということをときどき聞きます。

しかし、実際にはブラックリストという特別のリストがあるわけではなく、信用情報機関に登録されている、過去の事故情報のことを、ブラックリストというだけなのです。

事故情報というのは、クレジットカードで利用した代金を延納、滞納したときの記録や、自己破産、失踪など返済に支障があったときの情報のことを指します。つまり、カード会社にとっては、ありがたくない情報になります。

ブラックリストに登録されるケースとしては、一般的に破産や失踪の他に、3カ月以上、返済しないと登録されることが多いのですが、短期間にたびたび延滞を繰り返した場合も登録されることがあります。

ただし、1〜2回あるいは、数日間の延滞の場合は、入金を忘れていることもあるため、ブラックリストへの登録はないようです。
(*カード会社によって、対応は多少違ってきます。)

とはいえ、もしブラックリストに登録されると、今利用しているクレジットカードが使えなくなるだけでなく、住宅ローンや自動車ローン、あるいは新しく他社のカードに加入することも、できなくなります。

また、カード所有者本人がブラックリストに登録されていなくても、家族が登録されていると同じようにカードが使えなくなる可能性もあります。

これは、カード審査時に本人だけでなく、家族の情報も信用情報機関で確認できることもあるからです。

ブラックリストに登録された事故情報は、滞納や延納があったときから、原則として5年間、破産あるいは会社が倒産して、民事再生の手続きをしたときから7〜10年は、記録として残ります。

このため、この期間が過ぎるまでは、クレジットカードに加入したり銀行からお金を借りることも一切できなくなり、社会的信用もなくなってしまいます。

たとえ、小額の返済であっても同じですから、カードの返済については、十分注意しましょう。

なお本人もその家族も、全くブラックリストに登録される覚えがないのに、登録されてしまったときは、信用情報機関に連絡して、調査してもらうこともできます。

ただし、間違いであっても一度ブラックリストに登録されると、登録を消すのはなかなか難しいようです。

・次ページ →貸金業登録番号

HOME
クレジットカード
クレジットカードのしくみ
クレジットカードの申込
クレジットカード申込の
必要書類
クレジットカードの審査
クレジットカード審査の詳細・1
クレジットカード審査の詳細・2
クレジットカードの決済・1
クレジットカードの決済・2
年会費無料のクレジットカード
人気クレジットカード
国際クレジットカード
クレジットカードのキャッシング
クレジットカードの
盗難・紛失保険
クレジットカードの個人情報
信用情報機関とは
ブラックリストとは
貸金業登録番号
グレーゾーン金利
クレジットカードの
セキュリティ・1
クレジットカードの
セキュリティ・2
ICクレジットカード
クレジットカード海外での
利用・1
クレジットカード海外での
利用・2
クレジットカードの相談先

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved