HOME海外旅行・出張の手続き>パスポート申請の必要書類

パスポート申請の必要書類

〜申請に必要な書類の詳細について〜

パスポートは、海外で身分証明書にもなる非常に大切なものです。

申請にあたっては、必要書類がきちんと揃っていないと発給されませんので、お急ぎの場合は特にご注意ください。

日本国内でパスポートを申請するときの、必要書類には、以下のものがあります。

1. 一般旅券発給申請書 1通
いわゆるパスポート申請申込書のことで、この書類は申請窓口にあります。申請時にその場で記入すればよいのですが、申請者が未成年で親や後見人の同意が必要な場合は事前に入手して、同意の署名をもらっておく必要があります。

また、パスポートの有効期間は5年と10年の2種類で、申請用紙も2種類あり、20才未満の未成年者は有効期間5年のパスポートしか、申請できません。

2. 戸籍謄本または、戸籍抄本 1通
日本に国籍がある人か、チェックするための必要書類です。
謄本か抄本どちらでもOKですが、申請日前6カ月以内に交付されたものに限ります。コピーではなく、原本が必要です。

ただし、 以下の3つの場合は、必要ありません。
 ・パスポートの更新で記載事項に、変更がないとき
 ・パスポートの紛(焼)失届のみのを提出するとき
 ・査証欄の余白がなくなって、増補するとき

*参考→戸籍謄本(抄本)の取寄せ
     →戸籍謄本(抄本)を窓口で申請する方法

3. 住民票の写し 1通
以下の3つのどれかに該当する人だけは、申請日前6カ月以内に交付された、本籍地の記載がある住民票の写しが必要です。

 ・住民基本台帳ネットワークを、運用していない市町村に
  住民登録している人

 ・住民基本台帳ネットワークの利用を希望しない人

 ・住民登録をしていない就学先や、単身赴任先などの都道府県で、
  申請する場合
  (*この場合は、申請先の都道府県で、手続きに違いがありますので、
    申請先で必要書類について、確認しておきましょう。)

*参考→住民票謄本(抄本)の取得

4. 身分証明書 1〜2通
申請者本人であることを確認するための必要書類で、申請するときにはコピーではなく、原本を持参しなければなりません。

ただし、
 ・パスポートを更新するとき
 ・査証欄の余白がなくなって、増補するとき
 ・姓名や本籍地が変更になって申請するとき
などの場合は、必要ありません。

◇1つだけでよい必要書類(身分証明書)
運転免許証、船員手帳、住民基本台帳カード(写真付)、宅建主任者証など、顔写真付きで本人と確認できる証明書

◇2つ必要な必要書類(身分証明書)
(ア)を2つ、あるいは、(ア)と(イ)が1づつ必要です。

(ア)
国民健康保険証、健康保険証、船員保険証、共済組合員証
国民年金手帳(証書)、厚生年金手帳(証書)、
船員保険年金手帳(証書)、共済年金証書、恩給証書など

(イ)
学生証、生徒手帳、会社の身分証明書(いずれも、顔写真があるものに限ります。)、母子手帳など

5. 写真 1枚
パスポートに使用する写真です。タテ45mm、ヨコ35mmのサイズで、撮影するときの注意点や、細かい寸法も決められています。
詳細については、パスポートの写真をご覧ください。

・次ページ →パスポートの写真

HOME
海外旅行・出張の手続き
パスポートの手続き一覧
パスポートの申請方法
パスポートの更新手続き
パスポートの紛(焼)失届
外国でのパスポートの紛失・盗難
パスポートの訂正申請
査証(ビザ)欄の増補
パスポート申請の必要書類
パスポートの写真
パスポート取得時のポイント
パスポート取得後の注意点・1
パスポート取得後の注意点・2
ICパスポートとは
ヘボン式ローマ字
ビザの必要な国
国際運転免許証の申請
国際運転免許証が使える国
在留届とは
ワーキング・ホリデー

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved