HOME海外旅行・出張の手続き>パスポートの写真

パスポートの写真

〜パスポート用の写真の規格は世界標準に〜

今までの日本のパスポート写真は、日本独自の規格が使用されてきました。

しかし、平成18年3月20日からは”IC旅券ICパスポート)”という、新しいタイプのパスポートに切り替わりました。

これに伴って、パスポート写真も世界の標準規格に合わせることになり、その内容は、以下のようになっています。

パスポート写真の寸法

パスポート・写真の寸法

タテ45mm、ヨコ35mmの大きさ(ふちナシ)で、
頭部の上の余白が2〜6mm以内、
頭部からアゴまでが32〜36mm以内の写真。

全体的に、顔をアップで写した状態になります。

寸法が違っていると、パスポートの申請窓口で受付けてもらえませんので、自宅でデジカメで写真を撮るときは、これらの寸法をよく確認しておきましょう。

なお写真の裏面には、申請者の名前の記入が必要です。(表面に名前を書いた跡や、にじみが出ないように、ボールペンで、軽く書くのがよいでしょう。)

写真の注意事項

・パスポートの申請者本人だけを撮ったもので、申請日前6カ月以内
 写真であること。
・ピンボケがなく、顔が鮮明にわかること。

・人物の輪郭と背景が、はっきり区別でき影がないこと。
・パスポート用の写真は、白黒でもカラーでも、どちらでもOK。

・顔の正面を撮り、サングラス、ヘアバンド、帽子などを身につけていないこと。
・汚れやキズ、あるいは退色や変色していない写真であること。

・デジカメで撮ったときは写真専用紙を使い、ネガ写真と同程度の画質が必要。
・普段メガネをかけている人は、メガネのレンズが反射していないこと。

など、他にも細かい規定がありますが、
そもそも、パスポートの写真の目的は、本人であることが、はっきり確認できるかどうかがポイントになりますので、それを考えてアクセサリーなどは、一切付けないようにしましょう。

なお、カラーコンタクトレンズを付けたまま撮った写真は、パスポートに使用することはできません。

また、瞳の輪郭を強調するコンタクトを付けて撮った写真も、出入国の際に問題がおこる可能性があるので、パスポートに使用するのは、避けたほうがよいでしょう。

・次ページ →パスポート取得時のポイント

HOME
海外旅行・出張の手続き
パスポートの手続き一覧
パスポートの申請方法
パスポートの更新手続き
パスポートの紛(焼)失届
外国でのパスポートの紛失・盗難
パスポートの訂正申請
査証(ビザ)欄の増補
パスポート申請の必要書類
パスポートの写真
パスポート取得時のポイント
パスポート取得後の注意点・1
パスポート取得後の注意点・2
ICパスポートとは
ヘボン式ローマ字
ビザの必要な国
国際運転免許証の申請
国際運転免許証が使える国
在留届とは
ワーキング・ホリデー

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved