HOME海外旅行・出張の手続き>パスポートの更新手続き

パスポートの更新手続き

〜有効期間が、1年未満になると更新できる〜

今、持っているパスポートの有効期間が残り少なくなると、事前に手続きすることによって、パスポートの更新ができます。

(パスポートの更新は、正式には”切替発給”といいます。)

更新の手続きは、残りの有効期間が1年未満になると可能で、指定の必要書類を用意して申請窓口に提出します。

(ただし、すでにパスポートの有効期限が過ぎている場合は、更新ではなく、新規の申請になるのでご注意ください。→パスポートの申請方法

日本国内で行なう、手続きは次のようになっています。

更新の手続き・その1

まず、パスポートの更新に必要な以下の書類を用意します。

1)一般旅券発給申請書 1通
   申請窓口に用意してありますので、それに必要事項を記入します。

2)戸籍謄本または、戸籍抄本 1通
   パスポートの記載事項に変更がないときは不要です。
   結婚して姓が変わった場合や、本籍地が変わった場合など、
   記載事項に変更があったときは、
   申請日前6カ月以内に交付された原本が必要です。(コピー不可)

3)住民票の写し 1通
   以下の3つのどれかに該当する人は、申請日前6カ月以内に交付された、
   本籍地の記載がある住民票の写し
が必要です。
   (”写し”というのは、コピーの意味ではなく、役所で交付してもらった
    住民票のことを指していますので、お間違ちがえなく!)

  ・住民基本台帳ネットワークを、運用していない市町村に住民登録している人
  ・住民基本台帳ネットワークの利用を希望しない人
  ・住民登録をしていない、通学先や単身赴任先などの都道府県で、
   更新を申請する場合(*申請先の都道府県で、パスポート更新の手続きに
   違いがあります
ので、申請先に確認しておきましょう。)

*上記の3つは、わかりやすくいうと、申請窓口で住民票がチェックできない場合に、住民票の写しが必要になるわけです。

4)写真 1枚  *詳細→パスポートの写真

5)現在、所有しているパスポート

更新の手続き・その2

必要書類が用意できたら、パスポートの申請窓口に提出します。窓口の所在地は、外務省”パスポート担当窓口一覧表”のサイトで確認することができます。

更新の手続きは、本人による手続きが原則ですが、事情がある場合は代理人でも可能です。申請受付は、通常月〜金曜日の平日のみになっています。

更新の手続き・その3

更新された新しいパスポートを受け取りに、窓口に出向きます。通常は更新の申請後、約6〜7日後以降(土、日、祝日除く)に受け取り可能になります。

ただし、連休前や窓口の事情によって、日数が長引く場合もありますので、出発日が決まっている方は、早めに更新の手続きをしておくのがよいでしょう。

パスポートを受け取るときは、下記のものを忘れず持参します。
  1)申請のときに渡された受領証(パスポート引換書)
  2)更新の手数料

パスポートの種類 収入証紙 収入印紙 合計金額
有効期間5年のパスポート 12才未満 2,000円 4,000円 6,000円
12才以上 9,000円 11,000円
有効期間10年のパスポート(20才以上) 14,000円 16,000円

通常、収入証紙と収入印紙は、パスポートの受け取り窓口の近くで、購入できます。なお、更新したパスポートの受け取りは、代理人に任せることはできません。必ず申請者本人が窓口に出向き、直接受け取る必要があります。

たとえ、0才の赤ちゃんであっても、保護者が同伴して窓口まで、行かなければなりません。

・次ページ →パスポートの紛(焼)失届

HOME
海外旅行・出張の手続き
パスポートの手続き一覧
パスポートの申請方法
パスポートの更新手続き
パスポートの紛(焼)失届
外国でのパスポートの紛失・盗難
パスポートの訂正申請
査証(ビザ)欄の増補
パスポート申請の必要書類
パスポートの写真
パスポート取得時のポイント
パスポート取得後の注意点・1
パスポート取得後の注意点・2
ICパスポートとは
ヘボン式ローマ字
ビザの必要な国
国際運転免許証の申請
国際運転免許証が使える国
在留届とは
ワーキング・ホリデー

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved