HOME海外旅行・出張の手続き>パスポートの紛(焼)失届

パスポートの紛(焼)失届

〜紛失したときは、新しいパスポートを同時に申請できる〜

パスポートを紛失、焼失したり、盗難にあったときは申請窓口に、紛(焼)失届を提出します。

今のところ、海外に行く予定のない人は、この届出を提出するだけでよいのですが、これから海外に行く予定のある人は、新しいパスポートが必要になります。

そこで、紛(焼)失届を提出すると同時に、新規発給申請をして新しくパスポートを、申請することができます。

その手続きの手順は、以下のようになっています。

紛(焼)失届 その1

紛(焼)失届のみを提出するときは、次の書類を用意します。

1) 紛失一般旅券等届出書 1通
窓口に用意してありますので、提出時に記入します。

2) 警察署で発行してもらった紛失届の証明書か、消防署で発行してもらった
罹災(りさい)証明書

3) 住民票の写し 1通
本籍地の記載があり、申請日前6カ月以内に交付されたもの。ただし、申請窓口で住民基本台帳ネットワークを、利用できる場合は不要です。 
*参考→住民票謄本(抄本)の取得

4) 身分証明書 1通
申請者本人であることを確認する書類で、原本を持参しなければなりません。

[1つだけでよい証明書]
運転免許証、船員手帳、住民基本台帳カード(写真付)、宅建主任者証など公的な書類で、顔写真付きで本人が確認できる証明書

[2つ必要な証明書]
(ア)を2つ、あるいは、(ア)と(イ)が1づつ必要です。

(ア)
国民健康保険証、健康保険証、船員保険証、共済組合員証
国民年金手帳(証書)、厚生年金手帳(証書)、船員保険年金手帳(証書)
共済年金証書、恩給証書など

(イ)
学生証、生徒手帳、会社の身分証明書(いずれも、写真があるものに限ります。)、母子手帳など

5) 写真 1枚  *詳細→パスポートの写真

*紛(焼)失届と同時に、新しいパスポートを申請するときは、上記の書類と次の書類も用意します。

A) 一般旅券発給申請書 1通
いわゆるパスポート申請申込書のことで、この書類は申請窓口にありますので、申請時にその場で記入できます。

B) 戸籍謄本または、戸籍抄本 1通
申請日前6カ月以内に交付された、謄本か抄本のどちらか1通。コピーではなく、原本が必要です。
*参考→戸籍謄本(抄本)の取寄せ
     →戸籍謄本(抄本)を窓口で申請する方法

C) 写真 1枚  *詳細→パスポートの写真
          ▼        ▼

紛(焼)失届 その2

必要な書類が用意できたら、窓口に提出します。 申請窓口の所在地は、外務省のサイト”パスポート担当窓口一覧表”で調べることができます。

窓口の受付は、月〜金曜日の平日のみで、申請者本人による手続きが原則となっていますが、例外もあります。  *参照→パスポート取得時のポイント
          ▼        ▼

紛(焼)失届 その3

新しいパスポートを同時に申請した人は、申請後約6〜7日(土、日、祝日除く)以降に、パスポートの受け取りが可能になります。以下のものを窓口に提出して、パスポートを受け取ります。

1.申請のときに渡された受領証(パスポート引換書)
2.手数料

パスポートの種類 収入印紙 収入証紙 合計金額
有効期間5年のパスポート 12才未満 4,000円 2,000円 6,000円
12才以上 9,000円 11,000円
有効期間10年のパスポート(20才以上) 14,000円 16,000円

なお、代理人などによる受け取りは、認められていませんので、必ず申請者本人が受け取る必要があります。

・次ページ →外国でのパスポートの紛失・盗難

HOME
海外旅行・出張の手続き
パスポートの手続き一覧
パスポートの申請方法
パスポートの更新手続き
パスポートの紛(焼)失届
外国でのパスポートの紛失・盗難
パスポートの訂正申請
査証(ビザ)欄の増補
パスポート申請の必要書類
パスポートの写真
パスポート取得時のポイント
パスポート取得後の注意点・1
パスポート取得後の注意点・2
ICパスポートとは
ヘボン式ローマ字
ビザの必要な国
国際運転免許証の申請
国際運転免許証が使える国
在留届とは
ワーキング・ホリデー

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved