HOME海外旅行・出張の手続き>国際運転免許証の申請

国際運転免許証の申請

〜海外で自動車を運転するときに必要な免許証〜

海外で、観光やビジネスのために自動車を運転したいときは、国際運転免許証を、取得しておくとよいでしょう。(正式には、国運転免許証といいます。)

国際運転免許証は、1949年に締結された”ジュネーブ条約”の加盟国であれば、交付日から1年間利用できます。

日本の運転免許証を持っている人であれば、各都道府県の警察の運転免許センターや、指定された警察署に申請すれば、その日のうちか数日中に、交付を受けることができます。

ただし国際運転免許証は、日本の免許証の有効期間がなくなったときや、取り消されたときは無効になります。

もし、国際運転免許証の申請時に、自動車免許証の有効期間が1年をきっていたら”特例更新”によって、通常より早く更新手続きができるのです。

なお、国際運転免許証が利用できる国であっても、国や州によっては、運転の制約があったり運転そのものが、認められないケースもあります。事前に渡航予定の大使館で、状況を確かめておくのがよいでしょう。

また、日本の運転免許証の提示が必要な場合もありますので、海外で自動車の運転を希望するときは、国際運転免許証と日本の免許証の両方を所持していなければなりません。

国際運転免許証の申請に必要な書類

1)
国外運転免許証交付申請書 1通
通常は、申請先の運転免許センターにあります。

2)
現在使用している自動車運転免許証(コピーは不可)

3)
写真 1枚
タテ5cm×ヨコ4cmの大きさで、申請日前6カ月以内のもの。正面の胸から上を撮ったもので、無帽、無背景であること。

4)
海外に渡航することが証明できる書類
パスポート、旅行代理店で発行された証明書など

5)
申請手数料
東京都の場合は2,400円

*申請先や受付時間、申請に必要な書類、手数料などの詳細については、警察庁の各都道府県警察へのリンクで調べることができます。

・次ページ →国際運転免許証が使える国

HOME
海外旅行・出張の手続き
パスポートの手続き一覧
パスポートの申請方法
パスポートの更新手続き
パスポートの紛(焼)失届
外国でのパスポートの紛失・盗難
パスポートの訂正申請
査証(ビザ)欄の増補
パスポート申請の必要書類
パスポートの写真
パスポート取得時のポイント
パスポート取得後の注意点・1
パスポート取得後の注意点・2
ICパスポートとは
ヘボン式ローマ字
ビザの必要な国
国際運転免許証の申請
国際運転免許証が使える国
在留届とは
ワーキング・ホリデー

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved