HOME海外旅行・出張の手続き>ICパスポートとは

ICパスポートとは

〜偽造パスポート防止のために、ICチップを内蔵〜

ICパスポートとは、偽造や変造するのを難しくして、不法な出入国などの不正使用を防止するために、工夫されたパスポートのことです。

最近は、国際的な犯罪組織やテロリストらによる犯罪行為が増えており、パスポートの偽造・変造が問題になっています。

日本では、2006年3月20日から発給されるパスポートは、パスポートにICチップを埋め込んだ、ICパスポートに切り替えられました。

このICチップには、パスポート所有者の顔写真を電磁的に記録し、その他に氏名や国籍、本籍地、生年月日、発給年月日なども、同時に記録されています。

このICパスポートによって、顔写真を他人のものに貼り変えると、ICチップに記録されている顔写真と違うため、パスポートの偽造がすぐに発見できるわけです。

なお、ICパスポートに切り替わる前の、従来のパスポートも有効期間が終了するまでは使用できますので、新たにパスポートを申請する必要はありません。

ICパスポートに埋め込まれたICチップは、電磁的に情報を記録しているために、強い磁気や衝撃で記録されている情報が、読み取れなくなる場合があります。

この場合でも、出入国の審査時に審査官による目視で、チェックが行なわれますので、ICチップが読み取れないということだけで、出入国できないということはありません。

またICチップが壊れていても、今のところ新しいパスポートを発給してもらう必要はないことになっています。

ただし、ICパスポートを新たに発給する場合の、写真の規格は変更になっています。写真の外形サイズは、今までの大きさ(タテ45mm、ヨコ35mm)は変わりありませんが、写真に写すべき顔のサイズは、細かい寸法が決められています。

詳細については、パスポートの写真をご覧ください。

なお、ICチップに記録されている情報は、バックやカバン、ポケットに入れている状態では、他人に読み取られることもありませんし、体内にペースメーカーを付けている人にも、影響がない微弱な電磁波しか出ませんので、心配いりません。

電磁波が発生するのは、パスポートを読取り機にかけたときだけで、それ以外は発生しません。)

・次ページ →ヘボン式ローマ字

HOME
海外旅行・出張の手続き
パスポートの手続き一覧
パスポートの申請方法
パスポートの更新手続き
パスポートの紛(焼)失届
外国でのパスポートの紛失・盗難
パスポートの訂正申請
査証(ビザ)欄の増補
パスポート申請の必要書類
パスポートの写真
パスポート取得時のポイント
パスポート取得後の注意点・1
パスポート取得後の注意点・2
ICパスポートとは
ヘボン式ローマ字
ビザの必要な国
国際運転免許証の申請
国際運転免許証が使える国
在留届とは
ワーキング・ホリデー

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved