HOME海外旅行・出張の手続き>ヘボン式ローマ字

ヘボン式ローマ字

〜パスポートで使用するヘボン式ローマ字について〜

パスポートに登録するサイン(氏名)は、原則としてヘボン式ローマ字を、使用することになっています。

このヘボン式ローマ字のつづり方の一覧と、一部特殊な使い方がありますので次に取り上げました。

なお、登録するサインは漢字でもいいのですが、その場合はパスポート申請時やパスポート更新時に、戸籍謄本か戸籍抄本が必要になります。

ヘボン式ローマ字のつづり一覧

A I U E O KA KI KU KE KO
SA SHI SU SE SO TA CHI TSU TE TO
NA NI NU ME NO HA HI FU HE HO
MA MI MU ME MO YA I YU E YO
RA RI RU RE RO WA I U E O
N(M)

GA GI GU GE GO ZA JI ZU ZE ZO
DA JI ZU DE ZO BA BI BU BE BO
PA PI PU PE PO

きゃ きゅ きょ しゃ しゅ しょ
KYA KYU KYO SYA SHU SYO
ちゃ ちゅ ちょ にゃ にゅ にょ
CHA CHU CHO NYA NYU NYO
ひゃ ひゅ ひょ みゃ みゅ みょ
HYA HYU HYO MYA MYU MYO
りゃ りゅ りょ ぎゃ ぎゅ ぎょ
RYA RYU RYO GYA GYU GYO
じゃ じゅ じょ びゃ びゅ びょ
JA JU JO BYA BYU BYO
ぴゃ ぴゅ ぴょ
PYA PYU PYO

ヘボン式ローマ字の特殊な使い方

1)促音(そくおん)
  ・・・つまる発音になるときは、子音を重ねて表示します。
  [例] 服部(はっとり) →HATTORI

  つづりが、CHI(ち)・CHA(ちゃ)・CHU(ちゅ)・CHO(ちょ)になるときは、
  その前にTを付けます。
  [例] 八町(はっちょう) →HATCHO

2)撥音(はつおん)
  ・・・はねるように発音するときに、B・M・Pの前にNがあるときは、
     NをMに変えます。
  [例] 本間(ほんま)→HOMMA    神部(かんべ)→KAMBE

3)長音(ちょうおん)
  ・・・長く引く音は表示しません。

  なお、”オウ”あるいは、”オオ”の長音が氏名にあるときは、
  ”O”あるいは、”OH”のどちらかを自由に選ぶことができます。

  ”OH”を選んだ場合は、パスポートの申請あるいは、
  更新するときに「氏名の長音表記申出書」も同時に提出します。

  1つの家族の中で”O”と”OH”の両方がある場合は、
  どちらかに統一しておかないと、外国に入国できないときもありますので、
  注意しましよう。

  また、パスポートと航空チケットの表記も同じでないと、
  飛行機に搭乗できない場合もあります。
  [例] ”SAITO”と”SAITOH”など

・次ページ →ビザの必要な国

HOME
海外旅行・出張の手続き
パスポートの手続き一覧
パスポートの申請方法
パスポートの更新手続き
パスポートの紛(焼)失届
外国でのパスポートの紛失・盗難
パスポートの訂正申請
査証(ビザ)欄の増補
パスポート申請の必要書類
パスポートの写真
パスポート取得時のポイント
パスポート取得後の注意点・1
パスポート取得後の注意点・2
ICパスポートとは
ヘボン式ローマ字
ビザの必要な国
国際運転免許証の申請
国際運転免許証が使える国
在留届とは
ワーキング・ホリデー

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved