HOME内容証明郵便・印鑑>内容証明郵便とは

内容証明郵便とは

〜個人の郵便でも、その内容を郵便局が証明してくれる〜

内容証明郵便とは、”どんな内容の郵便を、誰から誰に送った”のかを郵便局が、証明してくれるものです。

通常の郵便でも、送り先に配達されないことはほとんどなく、かなり確実な方法といえます。

しかし後で、受取人との間でトラブルが生じた場合は、通常の郵便では、証明のしようがありません。

例えば、高額な教育教材を購入したけれども、教材に不備が多くクーリングオフ期間中に、解約手続きをするときは、内容証明が役に立ちます。

内容証明郵便では、郵便の内容自体が郵便局に証拠として残りますので、教材の販売業者は、解約手続きに対して、反論の余地がなくなります。

また内容証明郵便は、公文書と同様の扱いになりますので、販売業者としてもきちんとした対応を、取らざるをえなくなります。

ただし、裁判所の判決のような法的な拘束力を持ったものではなく、あくまで郵便の内容を公的に証明するものです。なお、郵送できるのは内容証明の文書だけで、その他の添付書類は送ることはできません。

一つ注意点があるとすれば、内容証明郵便は、配達証明付で出すのがより確実な方法となります。

内容証明郵便では、以下の3つが郵便局に証拠として残ります。
 1.郵便の差出人
 2.郵便の受取人
 3.郵便で送った文書の内容

そして、配達証明付にすると、さらに
 A.受取人が、郵便を受け取った日付
 B.受取人が、郵便を受け取ったという事実

の2つも郵便局が証明してくれますので、受取人が”郵便を受け取っていない”という、言い逃れもできなくなります。
ですから、内容証明郵便を出すときは、必ず配達証明付にすることをおすすめします。

*関連事項として、
内容証明郵便の書き方・書式文例訂正料金内容証明郵便の出し方
のページを用意しました。

なお郵便局では、他に”書留郵便”も扱っていますが、これは、配達記録は郵便局に残りますが、郵送した文書の内容を証明してくれるものではありません。

・次ページ →内容証明郵便の書き方・書式

HOME
内容証明郵便・印鑑
内容証明郵便とは
内容証明郵便の書き方・書式
内容証明郵便の文例
内容証明の訂正
内容証明郵便の出し方
内容証明郵便の料金
印鑑登録
印鑑登録証明書
印鑑登録証の紛失、破損
印鑑登録廃止申請

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved