HOME内容証明郵便・印鑑>内容証明郵便の文例

内容証明郵便の文例

〜内容証明は、縦書きも横書きも可能〜

内容証明は、必ずしも自筆で書く必要はなく、コピーやワープロで作成しても問題ありません。

また、1枚の用紙に520文字以内の制限がありますが、縦書きと横書きどちらでも選択できます。

縦書きの場合は、26行以内で1行20文字まで横書きの場合は、次の3つの中から選ぶことができます。
 ・26行以内で1行20文字まで
 ・20行以内で1行26文字まで
 ・40行以内で1行13文字まで

実際に内容証明を作成するときは、文面の末尾に少し空白を設けて、郵便局長の証明印を押すスペースを、設けておくとよいでしょう。
以下に、縦書きと横書きの文例を1例ずつあげました。


<内容証明の文例> 縦書き・26行以内で、1行20文字まで
内容証明文例・縦書き


<内容証明の文例> 横書き・26行以内で、1行20文字まで
内容証明文例・横書き

・次ページ →内容証明の訂正

HOME
内容証明郵便・印鑑
内容証明郵便とは
内容証明郵便の書き方・書式
内容証明郵便の文例
内容証明の訂正
内容証明郵便の出し方
内容証明郵便の料金
印鑑登録
印鑑登録証明書
印鑑登録証の紛失、破損
印鑑登録廃止申請

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved