HOME引越し 手続き・2>引越し代金の支払い

引越し代金の支払い

〜荷物が壊れていないか確認してから代金を支払う〜

荷物が引越し先に運ばれて、室内に搬入された時点で、引越し業者の仕事は一応完了となります。

代金をすぐに支払って「ごくろうさま」と、業者を返す前に次の3つのことは、チェックしておきましょう。

まずは、荷物が全て搬入されているかどうか。引越しのときは、一度にたくさんの荷物を運ぶため、何かの理由でダンボール箱が1つくらい少なくても気付かないものです。

こんな事がないように、荷物を入れるダンボールには荷札をつけて、別に荷物の一覧チェックリストを作っておけば、すぐに確認できます。
*参考→スムーズな引越しのコツ

次に、荷物が壊れていないかの確認です。めんどうではありますが、全てのダンボールを開けて荷物の状態を調べて、もし、壊れていた荷物があった場合は、業者の担当者にその場で確認をとり、必ず”事故証明書”を作ってもらいます。

担当者が、事故証明書を作ってくれないようであれば、直接、業者の会社に電話してきちんとした対応を要求します。

それでもダメな場合は、引越し代金の支払いを、一部だけ支払うなどの方法をとります。念のために、壊れた荷物の写真を撮って、証拠として残しておくのがよいでしょう。

荷物が壊れたときの請求は、引越しの日から3カ月以内に業者に通知が必要で、請求期間は1年以内となっています。  *参考→引越し業者とのトラブル

最後に、見積りの内容と実際の引越しの内容が、同じであるかを確認します。
例えば、見積りでは4トンのトラックが、2台来るはずだったのが1台であったり、作業員の数が1人少なかった場合などです。

また、引越しシーズンの3〜4月では、運送トラックが予定より大幅に遅れて到着して、引越しが終わったのが夜中になるケースもあります。

このような場合は、あきらかに代金の減額の対象になりますので、代金の見直しを請求してかまいません。

もし代金の支払いが、引越し完了後の振込みも可能な場合は、トラブルの対抗手段として利用するのもよいでしょう。

なお、引越しの代金の前払いや手付金を、引越し業者が受け取ることは、法律で禁止されています。
HOME
引越し 手続き・2
転出届・転入届・転居届
国民健康保険の脱退
印鑑登録廃止申請
カギの返却と明け渡し
電気・水道・ガスの精算
電気、水道、ガスの使用
引越し代金の支払い
引越し先でのあいさつ
犬の登録と変更
敷金の返還について
郵便物の転送サービス
国民健康保険の加入
印鑑登録

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved