HOME引越し 手続き・1>賃貸借契約の解約予告

賃貸借契約の解約予告

〜引越しのときは、決められた期限までに大家へ連絡が必要〜

引越しを決めたら、最初にやるべきことは”賃貸借契約の解約予告”です。

簡単にいうと、現在借りているアパート、借家、マンションの大家さんか、不動産の仲介業者に引越しの日時を連絡することです。

アパートやマンションを借りるときは、法律に基づいて”賃貸借契約”を結んでいます。

引越しするときは、この契約を守った手続きが必要になります。この契約で重要なのが、解約予告です。

解約予告の注意点は、賃貸借契約書に記載されている”解約予告の告知期限”を確かめておくことです。一般的には、1カ月前までの期限が多くなっていますが、
2カ月〜3カ月という契約もあります。

ただし、賃貸借契約書に告知期限が記載されていない場合は、引越しの3カ月前までに解約の予告をすればいいことになっています。
(法律により、告知期限の取り決めのない契約については、3カ月前までと定められています。)

もし、この告知期限を守らないで引越しした場合は、違約金として告知期限の不足分を、大家さんから請求されても反論できません。

例えば、告知期限が2カ月の契約にもかかわらず、1カ月前になって引越しの連絡をした場合は、1カ月分の家賃を支払う必要があります。

もちろん、大家さんからの請求があった場合のことですが、請求されたときは支払わざるをえません。あるいは、入居時に支払った敷金と相殺ということもありえます。

アパートやマンションを借りるのは、きちんとした法律上の契約ですから、契約書を見ていなかったとか、仲介した不動産業者の説明とは違うとかの、言い訳はできないのです。

このように、引越しを決める前には、事前に解約予告の告知期限を確認しておけば、無駄な出費を防ぐことができます。

・次ページ →引越しのときの家賃

HOME
引越し 手続き・1
引越しの方法の決定
引越しの手続き・届出リスト
引越し先チェックリスト
(マンション)
引越し先チェックリスト
(アパート)
引越し先チェクリスト
(周辺環境)
引越し先を決めるときの
7つ道具
賃貸借契約の解約予告
引越しのときの家賃
スムーズな引越しのコツ
平面レイアウトの検討
粗大ゴミの処分
家電製品・パソコンの処分
引越し業者の選び方
引越しプランについて
引越しの見積りを取るときの
注意点
引越しの見積りの内訳
引越しの実費とオプション料
運賃の基本料金
引越し業者とのトラブル
単身者の引越し
子供の転校手続き
引越し先の大家さんへの
連絡
電話の移転手続き
電気の移転手続き
ガスの移転手続き
水道の移転手続き
引越し・転居ハガキ

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved