HOME引越し 手続き・1>水道の移転手続き

水道の移転手続き

〜引越しのときは、電気、ガスと同様に手続きが必要〜

引越しで水道を止める場合は、市区町村の水道課や管轄の水道局の支店、営業所に連絡します。

通常は、検針票に連絡先が記載されていますので、そこに、引越し1週間前までに連絡を入れます。

また、インターネット上からも、移転手続きを受付けている地域もあります。

水道の場合は、各市区町村で管理しているケースが多いので、もし、不明の点があれば一度、所在地の役所に問合せしてみるとよいでしょう。

水道を止めるときの連絡事項は、次のようになっています。

・お客様番号(検針票、領収書に書かれています)
・契約者の氏名、現住所、連絡先
・引越し先の住所
・使用中止予定日、係員の訪問希望日
・料金の精算方法と口座振替の希望について

移転の連絡をしておくと、引越し当日に係員立会いのもとで、料金を精算することになります。もし、当日精算しなかったときは、後日、引越し先に請求書が送付されてきます。

なお、引越し後に水道の管轄が変更になった場合は、料金の口座振替は改めて、手続きが必要になります。

その他、条件によっては水道料金が、減免されるケースがあります。東京都水道局の場合を例にあげると、

・生活保護法による生活扶助を受給している人
・児童扶助、特別児童扶助手当の支給を受けている人
・生活保護法による教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助を受給している人

は、水道料金が減免されます。ただ、水道を管轄する会社や市区町村によって、減免制度の有無や内容に違いがあります。

・次ページ →引越し・転居ハガキ

HOME
引越し 手続き・1
引越しの方法の決定
引越しの手続き・届出リスト
引越し先チェックリスト
(マンション)
引越し先チェックリスト
(アパート)
引越し先チェクリスト
(周辺環境)
引越し先を決めるときの
7つ道具
賃貸借契約の解約予告
引越しのときの家賃
スムーズな引越しのコツ
平面レイアウトの検討
粗大ゴミの処分
家電製品・パソコンの処分
引越し業者の選び方
引越しプランについて
引越しの見積りを取るときの
注意点
引越しの見積りの内訳
引越しの実費とオプション料
運賃の基本料金
引越し業者とのトラブル
単身者の引越し
子供の転校手続き
引越し先の大家さんへの
連絡
電話の移転手続き
電気の移転手続き
ガスの移転手続き
水道の移転手続き
引越し・転居ハガキ

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved