HOME引越し 手続き・1>粗大ゴミの処分

粗大ゴミの処分

〜あらかじめ準備しておかないと処分できない粗大ゴミ〜

いつかは使うだろうと、押入れや収納スペースに保管しておいたものも、結局は一度も使っていない。こんな経験のある人も多いはずです。

引越しのときは、このような不要なものを処分するよい機会です。

(また、家電製品・パソコンの処分は粗大ゴミとは違った、別の手続きが必要となっ ています。)

粗大ゴミは通常のゴミと取り扱いが異なり、前もって各市区町村の窓口に、申し込みが必要となっています。ほとんどの場合が有料で、粗大ゴミの収集日は月に2回程度、指定された日だけの収集になっているのが一般的です。

対象となる粗大ゴミは、各市区町村によって細かい規定が設けられています。担当窓口やホームページ上で、確認しておくのがよいでしょう。

ここでは、具体例として、東京都の粗大ゴミ受付センターで、実施されている例を紹介します。

1. 申し込み方法
・インターネット・・24時間受付
・TEL連絡・・・月〜土(祝祭日も受付)8:00〜19:00

2. 収集日
受付センターから指定あり(指定日の8:00〜15:30が収集時間)
指定日以外を希望する場合は要相談

3. 料金
・ソファー・・・500円
・ソファー以外のイス・・・200円
・カーペット・・・(一畳以内)200円
・カーペット・・・(一畳以上)500円
・箱物家具・・・大きさにより200円、500円、800円、1400円、1900円
おおよそ粗大ゴミ1個につき、200〜1900円の範囲になっています。

4. 料金の支払方法
指定された薬局や酒屋などの、処理券取扱店で”有料粗大ゴミ処理券”を購入し、粗大ごみ1点ごとに貼り付けておきます。
貼り付けてある処理券が、該当する区以外のときや料金不足のときは、収集されません。

なお、料金を払って処分する他に、友人にあげたり、リサイクルショップ、フリーマーケット、ネットオークションを利用するのも一つの方法です。

・次ページ →家電製品・パソコンの処分

HOME
引越し 手続き・1
引越しの方法の決定
引越しの手続き・届出リスト
引越し先チェックリスト
(マンション)
引越し先チェックリスト
(アパート)
引越し先チェクリスト
(周辺環境)
引越し先を決めるときの
7つ道具
賃貸借契約の解約予告
引越しのときの家賃
スムーズな引越しのコツ
平面レイアウトの検討
粗大ゴミの処分
家電製品・パソコンの処分
引越し業者の選び方
引越しプランについて
引越しの見積りを取るときの
注意点
引越しの見積りの内訳
引越しの実費とオプション料
運賃の基本料金
引越し業者とのトラブル
単身者の引越し
子供の転校手続き
引越し先の大家さんへの
連絡
電話の移転手続き
電気の移転手続き
ガスの移転手続き
水道の移転手続き
引越し・転居ハガキ

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved