HOME引越し 手続き・1>引越しの見積りの内訳

引越しの見積りの内訳

〜見積りの内訳は運賃、車両留置料、実費、オプションの4つ〜

引越しの見積りは、大きく分けて次の4つからなっています。

・運賃・・・基本料金、割増料金
・車両留置料
・実費・・・人件費、梱包資材料、その他
・オプションサービス料(付帯サービス料)

複数の引越し業者から見積りを取った場合でも、基本的にはこの4つの項目に区分できます。

業者によって見積り金額が違っているときは、それぞれの項目ごとに比較すれば、なぜ金額に違いがでてくるのか、はっきりわかります。

以下が各項目ごとの、一般的な見積り基準です。

<運賃>
引越しの運賃は、法律によって限度が決められており、これを超えた料金を請求することはできません。
1. 基本料金
引越しする距離100kmを境にして、100km以内であれば、4時間か8時間の時間制運賃となります。100kmを超えるのであれば、引越しの距離によって料金が変わる距離制運賃となります。

見積り料金は、時間制、距離制ともに、一定の範囲内に定めらており、業者はこれを元にして、上下1割の枠の中で独自に設定できます。
詳しい料金については、運賃の基本料金をご覧ください。

2. 割増料金
平日の昼間の引越し以外の場合や、季節によっては基本料金に、上乗せされる割増料金があります。時間制運賃、距離制運賃ともに割増の対象となります。
[基本料金+2割]
・休日割増・・・日曜・祝祭日
・冬季割増・・・北海道、東北、北陸、山陰の指定地域は、冬季の一定の期間
         (積雪のため運送に手間がかかる地域と期間)

[基本料金+3割]
・早朝深夜割増・・・原則としてPM10:00〜AM5:00の時間帯

<車両留置料>
引越しの依頼者の不手際やミスで、運送トラックを長時間駐車したときが、対象となります。

6トントラック以下では2時間、6トントラック超では2時間30分を超えると、30分ごとに1,500円〜2,500円程度かかります。ただし、距離制運賃の場合のみです。

<実費>
1. 人件費
実際に荷物の搬入、搬出や荷造りをする人の人件費です。一般的に8時間以内の作業で、1人あたり12,000円〜15,000円程度となっています。

人数の目安としては、
・1K〜1DKで運転手1人、作業員1人
・2DK〜3DKで運転手1人、作業員2〜3人
・4LDKで運転手1人、作業員4人
程度で、3〜4階以上の上層階の場合は、プラス1人と見ておくとよいでしょう。

2. 梱包資材料
荷物を梱包するためのダンボール箱、ガムテープ、布団袋などの料金です。梱包資材を、全て業者から購入すると2DK程度でも35,000円〜45,000円ほどの出費になります。できるだけ、自前で安い物を揃えた方がお得といえます。

3. その他
有料道路、フェリー船などを使ったときや、荷物の搬出入のためにレッカー車、リフト車などの車両を使ったときも、特別料金がかかります。

<オプションサービス料(付帯サービス料)>
引越し本来の作業以外で必要な、エアコンの取りはずしや取り付け、ピアノの運送、クルマやバイクの陸送にかかる料金です。

<実費><オプションサービス料>の詳細な料金については、次ページをご覧ください。

・次ページ →引越しの実費とオプション料

HOME
引越し 手続き・1
引越しの方法の決定
引越しの手続き・届出リスト
引越し先チェックリスト
(マンション)
引越し先チェックリスト
(アパート)
引越し先チェクリスト
(周辺環境)
引越し先を決めるときの
7つ道具
賃貸借契約の解約予告
引越しのときの家賃
スムーズな引越しのコツ
平面レイアウトの検討
粗大ゴミの処分
家電製品・パソコンの処分
引越し業者の選び方
引越しプランについて
引越しの見積りを取るときの
注意点
引越しの見積りの内訳
引越しの実費とオプション料
運賃の基本料金
引越し業者とのトラブル
単身者の引越し
子供の転校手続き
引越し先の大家さんへの
連絡
電話の移転手続き
電気の移転手続き
ガスの移転手続き
水道の移転手続き
引越し・転居ハガキ

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved