HOME引越し 手続き・1>引越しのときの家賃

引越しのときの家賃

〜ムダな二重家賃を安くするには〜

引越しするアパートやマンションを決めて、賃貸借契約を結ぶと、通常その日から日割り計算で家賃が発生します。

借り手の方からすれば、住んでもいないのに、家賃を払わなくてはいけないのです。

引越し先が決まってから、現在住んでいるところの契約を解約するのが、一般的なパターンです。

しかし、これだと引越し先と現在住んでいるところの、両方の家賃を支払うことになります。

引越しのときは、何かと出費が多いもの。できるだけ出費を避けるために、二重家賃を安くするための方法をあげてみました。

入居者の空きを待って予約

民間の賃貸アパートやマンションでは、契約の関係上、引っ越す場合は最低
1カ月前から大家さんにその旨、連絡がある
のが普通です。

これを利用して、入所者が引越しする日以降からの賃貸契約にしておけば、二重家賃を安く抑えることができます。

例えば、あなたが住んでいるマンションの賃貸借契約の解約予告期限が、1カ月前であったとします。このとき、引越し希望先のマンションに空き部屋ができるのが、25日前にわかれば5日間分の二重家賃で、済むことになります。

ただし、そのマンションの入居者の引越し予定日が、何かのトラブルで遅れる可能性もありえます。できれば、数日の余裕を持って引越し日を決めるのがよい方法といえます。

引越しを考えているが、そんなに急いでいない人には、おすすめの方法といえるでしょう。

不動産の仲介業者に相談してみる

直接、仲介業者と交渉して、家賃の発生日を遅らせてもらうのも一つの方法です。たとえ、全額ではなくても10〜15日分、あるいは5〜10日分でも安くしてもらえれば、引越し時にはずいぶん助かるものです。

何度も仲介業者に足を運んでいれば、業者の担当者も便宜をはかってくれる可能性はあります。最初からあきらめずに、一度は交渉してみるとよいでしょう。

解約予告をしてから、引越し先を探す

大家さんに引越しの日を先に連絡する、この方法は解約予告期限が2〜3カ月あるときに検討できます。

2〜3カ月あれば、ある程度余裕を持って、新しい部屋探しができます。理想的には、解約予告期限ぎりぎりに転居先の賃貸借契約をすれば、二重家賃もほとんど必要なくなります。

たとえ、解約予告期限が1カ月程度残っていたとしても、まるまる2〜3カ月間、二重家賃を支払うよりましです。ただし、解約予告期限が1カ月の場合では、新しい引越し先が見つからない心配もありますので、注意すべきです。

1年の中で、一番引越しが多い月は、3月〜4月、8月になっています。解約予告期限を考えて、12月〜1月、あるいは、5月〜6月から引越し先を探すのが、いい時期といえます。

・次ページ →スムーズな引越しのコツ

HOME
引越し 手続き・1
引越しの方法の決定
引越しの手続き・届出リスト
引越し先チェックリスト
(マンション)
引越し先チェックリスト
(アパート)
引越し先チェクリスト
(周辺環境)
引越し先を決めるときの
7つ道具
賃貸借契約の解約予告
引越しのときの家賃
スムーズな引越しのコツ
平面レイアウトの検討
粗大ゴミの処分
家電製品・パソコンの処分
引越し業者の選び方
引越しプランについて
引越しの見積りを取るときの
注意点
引越しの見積りの内訳
引越しの実費とオプション料
運賃の基本料金
引越し業者とのトラブル
単身者の引越し
子供の転校手続き
引越し先の大家さんへの
連絡
電話の移転手続き
電気の移転手続き
ガスの移転手続き
水道の移転手続き
引越し・転居ハガキ

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved