HOME引越し 手続き・1>引越し先を決めるときの7つ道具

引越し先を決めるときの7つ道具

〜7つ道具を使うと、引越し先が決めやすくなる〜

引越し先を探して何件も物件を見て回っていると、いろいろ迷ってくることが多いものです。

ただ漠然と探しているだけでは、どの物件が一番いいのか判断が難しくなってきますね。

そんなとき役立つのが以下の7つ道具です。引越し先を探すときは、この7つ道具を活用してください。

1. 間取り図(平面図)
まず、なくてはならないのがこの間取り図。これを見ながら実際の物件との違いがないかや、部屋の広さ、コンセントの位置などの細かいことを記入しておきます。

冷蔵庫やベッド、タンス、テーブルなどの大型のものを持っているか、購入予定があるときは、玄関入口や各部屋の入口寸法を、測っておくことを忘れないようにします。

いざ、搬入しようとして、せっかく購入したものが入らなければ、悔しい思いをするだけです。

2. チェックリスト
物件を何件か見た後で、比較検討できるチェックリストがあると、とても役に立ちます。
このサイトでは、次の3つのチェックリストを用意しましたので、参考にしてください。
引越し先チェックリスト(マンション)
引越し先チェックリスト(アパート)
引越し先チェックリスト(周辺環境)

3. 筆記用具
間取り図やチェックリストに、いろいろ記入するときに使います。2〜3色程度のボールペンがあれば、特に重要な部分を色分けして、メモできるので役に立ちます。

4. 時計
最寄り駅までの、徒歩での所要時間を計るときに使います。気に入った物件があったときは、直接自分の足で、所要時間を確かめておくことをおすすめします。

生活の中で一番利便性に関わることですから、仲介業者の言葉を、うのみにしないようにしましょう。(*不動産で表示されている徒歩1分とは、80メートルのことです。)

5. メジャー(巻尺)
部屋の広さや天井の高さ、あるいは、入口の大きさを計るときに使います。5メートルの巻尺があれば使い勝手もよく、いろいろ重宝します。文房具屋さんで千円程度で買え、引越しした後に家具や家電製品を購入するときも利用できます。

6. コンパス
方角を確かめるために使います。間取り図に、方角が記入されている場合もありますが、実際のところあいまいな場合が多いものです。

仲介業者の担当者でも、いくつもの物件を扱っていますから、一つ一つの物件を全て把握できていないものです。方角は、日当たりを判断する大切なポイントですから、必ず確かめておきたいものです。

7. デジタルカメラかカメラ付携帯電話
気になる所や使い勝手がよさそうな所を、スナップ写真として撮っておきます。何件も物件を見ていると、正確に思い出せないこともありますから、後から比較検討するときにとても役に立ちます。

ビー玉かパチンコ玉
これ、一体何に使うかわかります?
実は、床の水平をチェックするときに使うんです。建築されてから日がたっていない新しい物件では、床が傾いているなんてことはほとんどありません。

しかし、かなり古い建物の場合や、室内を全面リフォームした場合は、ときどき床が波打っていたり、傾いていることもあります。(もちろん、一目見ただけではわからない程度のものです。)

相当古い物件を検討するときは、ビー玉やパチンコ玉を床の上に静かにおいて、水平かどうか確認しておきましょう。最悪の場合は、土地が地盤沈下している可能性もあります。

この方法は、タタミやカーペットの床でははっきりわかりませんが、フローリングやシート貼りの床では一目瞭然です。ビー玉やパチンコ玉が床の上を多少、転がるのはかまいませんが、2〜3メートル以上転がる場合は、要注意です。

・次ページ →賃貸借契約の解約予告

HOME
引越し 手続き・1
引越しの方法の決定
引越しの手続き・届出リスト
引越し先チェックリスト
(マンション)
引越し先チェックリスト
(アパート)
引越し先チェクリスト
(周辺環境)
引越し先を決めるときの
7つ道具
賃貸借契約の解約予告
引越しのときの家賃
スムーズな引越しのコツ
平面レイアウトの検討
粗大ゴミの処分
家電製品・パソコンの処分
引越し業者の選び方
引越しプランについて
引越しの見積りを取るときの
注意点
引越しの見積りの内訳
引越しの実費とオプション料
運賃の基本料金
引越し業者とのトラブル
単身者の引越し
子供の転校手続き
引越し先の大家さんへの
連絡
電話の移転手続き
電気の移転手続き
ガスの移転手続き
水道の移転手続き
引越し・転居ハガキ

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved