HOME引越し 手続き・1>ガスの移転手続き

ガスの移転手続き

〜ガスを開栓するときは、必ず係員の立会いが必要〜

ガス会社への引越しの連絡は、引越し1週間ほど前までに、指定の連絡先へ電話するか、インターネット上から申し込みます。

電話で連絡するときは、ガス会社の検針票、領収書に記載されているところへ電話を入れます。

ネット上から申し込むときは、
(社)日本ガス協会>リンク集 日本の都市ガス事業者”のページから、その地域のガス会社を捜すことができます。

まず、今使っているガスを止める場合は、以下の事項をガス会社に連絡し、料金を精算してもらいます。

<連絡事項>
 ・お客様番号(検針票、領収書に書かれています)
 ・契約者の氏名、現住所、連絡先
 ・引越し先の住所
 ・建物の形状(アパート、マンション、一戸建ての区別)
 ・使用中止の予定日、係員の訪問希望日
 ・料金の精算方法と口座振替の希望について


このとき、ガスメーターが室内にあり、検針とガス栓を止めることができない場合は、本人が立会う必要があります。逆に、メーターが室外にあり、ガス栓を止めることができれば、立会いの必要はありません。(ただし、料金の精算は後で必要)

引越し数日前の連絡では、係員の予定がつかないケースがありますから、早めの連絡をおすすめします。

次に、引越し先では、必ず係員立会いによるガスの開栓が必要で、勝手にガス栓を開けて使ってはいけません。係員は、ガスの開栓と同時に、換気設備やガス器具を点検して、安全性のチェックを行ないます。

ガスの使用を中止するときと同様に、電話かネット上から引越し1週間前には連絡して、係員に来てもらうよう予約しておきます。

引越し前と引越し後にガス会社が変更になるときは、別々に手続きが必要です。また、ガス料金の口座振替についても、ガス会社が変更になると改めて、手続きが必要になります。

・次ページ →水道の移転手続き

HOME
引越し 手続き・1
引越しの方法の決定
引越しの手続き・届出リスト
引越し先チェックリスト
(マンション)
引越し先チェックリスト
(アパート)
引越し先チェクリスト
(周辺環境)
引越し先を決めるときの
7つ道具
賃貸借契約の解約予告
引越しのときの家賃
スムーズな引越しのコツ
平面レイアウトの検討
粗大ゴミの処分
家電製品・パソコンの処分
引越し業者の選び方
引越しプランについて
引越しの見積りを取るときの
注意点
引越しの見積りの内訳
引越しの実費とオプション料
運賃の基本料金
引越し業者とのトラブル
単身者の引越し
子供の転校手続き
引越し先の大家さんへの
連絡
電話の移転手続き
電気の移転手続き
ガスの移転手続き
水道の移転手続き
引越し・転居ハガキ

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved