HOME引越し 手続き・1>電気の移転手続き

電気の移転手続き

〜料金の精算と引越し先の契約アンペアについて〜

電力会社への引越しの連絡は、引越し1週間ほど前までに電力会社の、支店か営業所へ連絡を入れておきます。

連絡先は、毎月届けられる検診票か領収書に記載されています。

また、各電力会社ではインターネット上からも移転手続きができます(沖縄電力を除く)。

もちろん、引越し前と引越し後で電力会社が違うときは、それぞれ別々に手続きが必要です。

以下、各電力会社のサイトです。
北海道電力  ・東北電力  ・中部電力  ・北陸電力  ・東京電力
関西電力  ・四国電力  ・九州電力  ・沖縄電力

電話、あるいはネット上から電力会社に伝える事項は、次の5つとなっています。

・お客様番号(検針票か領収書に書かれています)
・契約者の氏名、現住所、連絡先
・引越し先の住所
・使用中止の予定日、係員の訪問希望日
・料金の精算方法

移転連絡を済ませておくと、引越し当日に係員立ち会いのもとで、料金の精算をすることになります。当日、何かの都合で精算できないときは、引越し先へ請求書が送付されます。

なお、移転の連絡が引越しの前日や前々日では、係員の予定がつかず、立会いができないのが普通です。できれば早めの連絡をおすすめします。

次に、引越し先で問題になるケースとしては、契約アンペアがあります。契約アンペアとは、その住居で使える最大の電気容量のことで、一般のアパートやマンションでは、以下の7種類があります。

契約アンペア 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
基本料金
(税込み)
単位:円
260
(273)
390
(409.5)
520
(546)
780
(819)
1040
(1092)
1300
(1365)
1560
(1638)

1Aは、一般住居の場合(100V)で、消費電力100Wに相当します。例えば、エアコンで1Kw(=1000W)だとすると10Aになります。

住居の間取りをもとにした、契約アンペアの目安は次のようになります。
・1K〜1DK・・・15〜20A
・2DK・・・30A
・3DK・・・40〜50A
・4LDK・・・50〜60A


もし、たびたびアンペアブレーカーが落ちるようであれば、電力会社に連絡して1ランク上のアンペア契約をして、ブレーカーを変更してもらうことができます。料金は原則として無料ですが、屋内配線などの工事が発生したときは、料金が必要になることもあります。

アンペアブレーカーを変更するには、事前に大家さんや管理人の承諾を得ておく必要があります。


一般的に賃貸借契約では、部屋を出るときに元のブレーカーに戻すことを義務付けていますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、アパート、マンションなどでは、建物全体の電気容量が不足している場合もありますので、この時も、大家さんや管理人の承諾がいります。

なお、電気料金を口座振替にしている場合は、電力会社が変更になると改めて、口座振替の手続きが必要になります。

・次ページ →ガスの移転手続き

HOME
引越し 手続き・1
引越しの方法の決定
引越しの手続き・届出リスト
引越し先チェックリスト
(マンション)
引越し先チェックリスト
(アパート)
引越し先チェクリスト
(周辺環境)
引越し先を決めるときの
7つ道具
賃貸借契約の解約予告
引越しのときの家賃
スムーズな引越しのコツ
平面レイアウトの検討
粗大ゴミの処分
家電製品・パソコンの処分
引越し業者の選び方
引越しプランについて
引越しの見積りを取るときの
注意点
引越しの見積りの内訳
引越しの実費とオプション料
運賃の基本料金
引越し業者とのトラブル
単身者の引越し
子供の転校手続き
引越し先の大家さんへの
連絡
電話の移転手続き
電気の移転手続き
ガスの移転手続き
水道の移転手続き
引越し・転居ハガキ

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved