HOME自動車保険>対人賠償保険

対人賠償保険

〜第三者の他人の補償が目的の自動車保険〜

対人賠償保険とは”人”を死亡あるいは、ケガをさせて損害賠償責任が発生したときに、保険金が支払われる自動車保険です。

対人賠償保険で支払われる保険金は、自賠責保険の支払い限度額を超える部分に対して行なわれます。

この保険の対象となる人は、あくまで、第三者である他人ということです。

これが重要なポイントで、”対人=第三者の他人”以外の、運転者本人や建物などは除かれます。

つまり、加入者の自動車の同乗者、相手の自動車の運転者や同乗者、歩行者が死亡、ケガをした場合となっています。
また、以下の人は補償の対象外になっています。

1. 自動車保険・加入者本人
対人賠償保険は、第三者の他人への十分な賠償に対応するための保険なので、本人の死亡やケガには補償がありません。
2. 自動車保険・加入者の家族
加入者本人と同様に、同じ自動車に同乗している家族の事故や、加入者本人が運転中に家族にケガをさせたときは対象外です。
3. 自動車保険・加入者の承諾を得て運転した人
加入者本人の自動車を友人や知人が、本人の承諾を得て運転しているときに事故を起こしたときは、その運転者も補償はありません。
もちろん、加入者本人が同乗している場合も同様です。

その他にも賠償の対象外となる事柄もありますので、事前に自動車保険会社に確認しておくことをおすすめします。

対人賠償保険の保険金は、被害者1人に対して上限額を定めない無制限方式のものと、上限額を定めた方式のものがあります。また、1件の事故に対する保険金の上限は、両方とも無制限になっています。

つまり、1件の交通事故で複数の人が死傷した場合は、トータルの保険金の総額には上限がないことになります。

ただ、この自動車保険は自賠責保険の不足分を補うのが、一番大切な目的ですから”無制限”に設定して、どのような補償額にも対応できるようにしておきたいものです。

1人あたりの自賠責保険金額は、死亡事故で3,000万円、後遺障害で4,000万円、ケガで120万円が上限ですから、最低限の補償しかありません。

もし、対人賠償保険に未加入の場合は、自賠責を超えた分に関しては、加害者が全て負担することになりますので、このことをよく考えておかなければなりません。

・次ページ →搭乗者傷害補償保険

HOME
自動車保険
自賠責保険とは
自賠責保険の補償
自賠責保険の加入と保険料
自賠責保険金の請求の種類
自賠責保険金の請求方法
自賠責保険に未加入の場合
自動車保険とは
対人賠償保険
搭乗者傷害補償保険
人身傷害補償保険
無保険車傷害保険
自損事故保険
対物賠償保険
車両保険
自動車保険の比較
自動車保険の種類
自動車保険の等級
自動車保険料の割引
自動車保険の特約
自動車保険のサービス
過失割合と過失相殺
政府保障事業制度
自動車保険・交通事故の
相談窓口
自動車保険比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved