HOME自動車保険>車両保険

車両保険

〜車体に損害があると補償される自動車保険〜

車両保険とは、自動車同士の接触、衝突、盗難や自然災害で、車両に損害があったときに、保険金が支払われる自動車保険です。

自然災害には、洪水、台風、高潮などの他に、火災や爆発などの人的災害も含まれています。

車両保険の契約保険金額は、所有している自動車の種類によって、あらかじめ設定できる範囲が決められています。
自動車保険の加入者は、その決められた範囲内で希望する保険金額を選ぶことができます。

このため、車両保険が100万円なのに30万円という、かなり低い保険金額を定めたり、その逆に400万円という高額な設定もできません。

あくまで、所有している自動車の価格に見合った保険金額の範囲内での、自動車保険への加入となります。

また、車のボンネットがへこんだり、フロントガラスが割れた場合などは、それを修理すれば運転するのに支障がないので、このようなケースでは修理代のみが支払われます。

車両保険には、その補償内容によって、大まかに下記の3つの種類があります。

<1.割安型>
自動車同士の接触や衝突によって、損害があったときだけ補償される自動車保険で、保険料は一番安くなっています。ただし、接触、衝突した相手側の自動車や、運転者あるいは、所有者が特定できる場合に限られます。

<2.限定型>
上記の割安型の補償に加えて、自動車の盗難や洪水、台風、高潮、火災、爆発などが補償の対象になります。(当て逃げや自損事故は対象外)

つまり、相手が特定できる自動車の接触や衝突の他に、自然災害での損害があったときも、保険金が支払われます。当然保険料は、割安型よりも高くなっています。

<3.一般型>
限定型の補償に加えて、相手が特定できない当て逃げや、運転者のミスで事故を起こした自損事故も補償の対象になります。

ほとんど全ての車両の損害に対して保険金が支払われるため、車両保険の中では一番保険料が高く設定されています。

・次ページ →自動車保険の比較

HOME
自動車保険
自賠責保険とは
自賠責保険の補償
自賠責保険の加入と保険料
自賠責保険金の請求の種類
自賠責保険金の請求方法
自賠責保険に未加入の場合
自動車保険とは
対人賠償保険
搭乗者傷害補償保険
人身傷害補償保険
無保険車傷害保険
自損事故保険
対物賠償保険
車両保険
自動車保険の比較
自動車保険の種類
自動車保険の等級
自動車保険料の割引
自動車保険の特約
自動車保険のサービス
過失割合と過失相殺
政府保障事業制度
自動車保険・交通事故の
相談窓口
自動車保険比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved