HOME自動車保険>無保険車傷害保険

無保険車傷害保険

〜相手に十分な賠償能力がないときの自動車保険〜

無保険車傷害保険とは、自動車事故にあったときに相手側から、十分な賠償金(保険金)を受け取れなかったときに、それを補うための自動車保険です。

十分な賠償金が受け取れないケースとしては、

1)相手側が加入している自動車保険が自賠責保険のみで、対人賠償保険に未加入のとき

2)当て逃げ、ひき逃げなどで、賠償金を支払うべき加害者が誰だかわからないとき

3)相手側の対人賠償保険の保険金額が、賠償額に達していないとき

4)その他、契約条件に違反した事柄があり、自動車保険会社から保険金が支払われないとき

などがあり、このようなケースにあてはまる自動車のことを、”無保険車”と呼んでいます。

無保険車との事故では、自賠責のみの賠償金であったり、最悪の場合は当て逃げ、ひき逃げで、全く賠償金が見込めないこともあります。このようなケースに備えて、賠償金の不足分が支払われる自動車保険が、無保険車傷害保険です。

現在では、自動車事故で死亡したときの賠償金は、1億円以上の場合も多く、一般ドライバーの対人賠償保険の加入率も、70%前後にとどまっています。

このような状況を考えると、無保険車傷害保険は十分検討しておく必要がある、自動車保険といえます。

無保険車傷害保険の補償内容は、相手側の自賠責保険や対人賠償保険から、支払われた保険金では賠償金(損害額)に足りない場合に、その不足分のみが支払われます。

また、ひき逃げなどで相手が特定できないときに、政府保険事業制度から支払われる場合も、同様に不足分のみの支払いになります。

つまり、死亡したときの賠償金が1億2,000万円のときに、

・相手側が、自賠責のみの加入であれば、
   1億2,000万円−3,000万円=9,000万円

・相手側が自賠責+8,000万円の対人賠償保険の加入であれば、
   1億2,000万円−(3,000万円+8,000万円)=1,000万円

の保険金の支払いとなります。

ただし、無保険車傷害保険の契約限度額は、本人が加入している対人賠償保険の保険金額と、同額なのが一般的です。

なお、無保険車傷害保険にも、加入者本人のみが保険の対象になるもの、加入者とその家族が保険の対象になるもの、その他、一定の条件にあてはまる場合だけ保険の対象になるものなど、いくつか違いがある自動車保険になっています。

加入するときは、その内容をよく確かめておくことを、おすすめします。

・次ページ →自損事故保険

HOME
自動車保険
自賠責保険とは
自賠責保険の補償
自賠責保険の加入と保険料
自賠責保険金の請求の種類
自賠責保険金の請求方法
自賠責保険に未加入の場合
自動車保険とは
対人賠償保険
搭乗者傷害補償保険
人身傷害補償保険
無保険車傷害保険
自損事故保険
対物賠償保険
車両保険
自動車保険の比較
自動車保険の種類
自動車保険の等級
自動車保険料の割引
自動車保険の特約
自動車保険のサービス
過失割合と過失相殺
政府保障事業制度
自動車保険・交通事故の
相談窓口
自動車保険比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved