HOME自動車保険>過失割合と過失相殺

過失割合と過失相殺

〜被害者も加害者も、過失の程度によって保険金額が決まる〜

自動車事故の原因には、様々なものがあります。

加害者の速度オーバーや被害者の前方不注意など、完全に一方だけの運転ミス(過失)によって、事故が起こったと断言するのは無理な場合が多いものです。

自動車事故では、加害者と被害者にどれくらいの過失があったかを判断して、その過失の割合を表した数字を”過失割合”といいます。

よく”過失割合が6対4”とか”7対3”という表現が使われますが、これは加害者と被害者、それぞれの過失の割合を示しているのです。

過失割合は、過去にあった自動車事故の裁判の判例を元にして、一定の認定基準が設けられています。

自動車保険会社が、保険金を支払う場合も、過失割合が重要なポイントになり、これによって保険金の額が左右されます。

ただし、自賠責保険の場合は被害者の救済を、第一の目的とした国の制度であるため、被害者によほどの過失がある場合以外は、補償額が減額されることはありません。それをまとめたのが次の表です。

<自賠責保険の過失減額割合>
被害者の過失割合 補償の減額割合
ケガの場合 死亡または、後遺障害の場合
70%未満 ナシ ナシ
70%以上〜80%未満 20%減額
80%以上〜90%未満 20%減額 30%減額
90%以上〜100%未満 50%減額

このように、被害者側に90%以上の過失があった場合でも、ケガで20%、死亡・後遺障害で50%の減額となっています。

一方、自賠責保険以外の任意の自動車保険で、被害者の過失が90%以上の過失があれば、大幅に保険金が減額されます。

いかに、自賠責保険が被害者の救済に重点をおいているのかが、おわかりになると思います。

なお、任意の自動車保険では”過失相殺”によって、最終的に保険金額が決まってきます。この過失相殺というのは、過失割合に応じて加害者と被害者の両方に、損害を負担してもらう方法です。

例えば、
・加害者A・・・過失割合80%。対人賠償保険(任意保険)に加入しており、
         事故によるケガはナシ
・被害者B・・・過失割合20%。ケガをして300万円の治療費がかかった

このケースでは、任意の自動車保険からは原則として、300万円×80%=240万円の保険金が、加害者Aさんが加入している自動車保険会社から、被害者Bさんに支払われます。(ここでは、自賠責保険は別と考えます)

つまり、被害者Bさんにも20%の過失があるため、その分は保険金が減額されるわけです。

・次ページ →政府保障事業制度

HOME
自動車保険
自賠責保険とは
自賠責保険の補償
自賠責保険の加入と保険料
自賠責保険金の請求の種類
自賠責保険金の請求方法
自賠責保険に未加入の場合
自動車保険とは
対人賠償保険
搭乗者傷害補償保険
人身傷害補償保険
無保険車傷害保険
自損事故保険
対物賠償保険
車両保険
自動車保険の比較
自動車保険の種類
自動車保険の等級
自動車保険料の割引
自動車保険の特約
自動車保険のサービス
過失割合と過失相殺
政府保障事業制度
自動車保険・交通事故の
相談窓口
自動車保険比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved