HOME自動車保険>人身傷害補償保険

人身傷害補償保険

〜幅広い人的補償に対応できる自動車保険〜

人身傷害補償保険とは、補償の対象となる人が自動車に搭乗しているときや、歩行中に事故で死傷したときに、保険金が支払われる自動車保険です。

補償の対象となるのは、自動車保険加入者本人やその家族が含まれます。

同様の保険として、搭乗者傷害補償保険がありますが、人身傷害補償保険は、この保険よりも補償額や補償範囲が幅広くなっています。

例えば、搭乗者傷害補償保険の一般的な補償額は1人あたり、1,000万円程度なのに対して、人身傷害補償保険は5,000万円ぐらいまでの、設定が可能な自動車保険です。

補償範囲についても、搭乗者傷害補償保険があくまで保険をかけている自動車に搭乗している人だけが補償の対象ですが、
人身傷害補償保険では、保険をかけていない自動車に搭乗しているときでも、補償の対象になります。

(ただし、この場合は自動車保険の設定や一定の条件を、満たしていることが必要です。)

また、人身傷害補償保険の一番の特徴は、事故の過失過失割合に関係なく、損害が補償されることです。

例えば、自動車事故が起きた場合、
・自動車保険加入者Aさん・・・事故の過失(過失割合)が30%
・事故の相手側・・・事故の過失(過失割合)が70%
・Aさんの損害額が3,000万円であれば、

搭乗者傷害補償保険では、Aさんの過失割合が差し引かれ、
3,000万円×(100%−30%)=2,100万円の支払いになり、不足分は自己負担になります。

一方、人身傷害補償保険では、Aさんの過失割合に関係なく、満額の3,000万円が自動車保険会社から支払われます。

なお、人身傷害補償保険の種類には、大まかに次の2つがあります。

<全補償型>
保険加入者本人とその家族が補償の対象で、自動車に乗っているときだけでなく、歩行中に死傷したときでも保険金が支払われます。
家族がいて、自動車事故全般の補償を希望する人に適した自動車保険です。

<限定補償型>
補償の対象になる事故を、絞り込んだ自動車保険です。リスクがないものや、リスクが少ないものを補償の対象からはずすことができます。

例えば、単身者の場合、家族に対する補償は必要ありませんし、歩行中に偶然自動車事故に巻き込まれる可能性が少ないので、自動車に搭乗しているときだけに限定する場合などです。

・次ページ →無保険車傷害保険

HOME
自動車保険
自賠責保険とは
自賠責保険の補償
自賠責保険の加入と保険料
自賠責保険金の請求の種類
自賠責保険金の請求方法
自賠責保険に未加入の場合
自動車保険とは
対人賠償保険
搭乗者傷害補償保険
人身傷害補償保険
無保険車傷害保険
自損事故保険
対物賠償保険
車両保険
自動車保険の比較
自動車保険の種類
自動車保険の等級
自動車保険料の割引
自動車保険の特約
自動車保険のサービス
過失割合と過失相殺
政府保障事業制度
自動車保険・交通事故の
相談窓口
自動車保険比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved