HOME自動車保険>自動車保険の比較

自動車保険の比較

〜自動車保険は人的補償と物的補償に分かれる〜

一般的に、自動車保険という場合は、自動車の所有者や運転者が任意で加入する保険(任意保険)をさします。

一方、自賠責保険は強制的に加入が義務付けられており、”強制保険”と呼ばれています。

ここでは、代表的な任意の自動車保険と自賠責保険の違いを、”人”と”物”に分けて比較しました。

なお、下表の任意の自動車保険の他にも、特色ある保険があります。
*参考→自動車保険の種類

<自動車保険の比較・1>

”人”に対する補償や賠償を目的とした自動車保険
保険の種類 保険の対象となる人の比較 保険金額の
目安の比較
対人賠償保険
自賠責保険の補償額を超える部分が、補償される自動車保険。
”第三者の他人”だけが対象。
保険者本人と、その家族、保険加入者の承諾を得て運転していた人は対象外です。
無制限
搭乗者傷害補償保険
加害者側の自賠責や、任意保険から保険金の支払いがあっても、それとは別に支払いがある自動車保険。
契約車両に搭乗していた全ての人が対象。 一般的に
1人あたり
1,000万円
人身傷害補償保険
保険加入者に過失があっても、損害額が全て支払われる自動車保険。
搭乗者傷害補償保険と比較して、幅広い補償が特徴です。
保険契約時に指定した人が対象で、自動車に乗っているときだけでなく、歩行中に死傷しても補償されます。

(契約時に補償内容を、限定することもできます。)
一般的に
5,000万円
無保険車傷害保険
相手側が無保険車で、賠償金(保険金額)が足りないときに、その不足分が支払われる自動車保険。
契約車両に搭乗していた全ての人が対象。 一般的に
1億円〜
無制限
自損事故保険
保険加入者本人の過失によって、死傷したときにも保険金が支払われる自動車保険。
通常は、対人賠償保険に付属した特約になっています。
死亡で
1,000〜
1,500万円
自賠責保険
必ず、加入が義務付けられており、補償額には制限があります。
被害者だけに保険金が支払われ、加害者側の死傷や車両の損害は対象外です。

[自賠責保険の支払い限度額]
・死亡・・・3,000万円
・ケガ・・・120万円
・後遺障害・・・程度に応じて75〜4,000万円

<自動車保険の比較・2>

”物”に対する補償や賠償を目的とした自動車保険
保険の種類 保険の対象となる物の比較 保険金額の
目安の比較
対物賠償保険
他人の所有物に損害を与えたときに、保険金が支払われる自動車保険。
営業補償や休業補償も含まれます。
他人の自動車、建物、ガードレールなどの”物”全般が対象
ただし、保険加入者本人とその家族の所有物は対象外です。
無制限
車両保険
本人の自動車が事故や自然災害で、損害があったときに保険金が支払われる自動車保険。
補償内容は、いくつかのプランから、自由に選ぶことができます。
契約車両の損害が対象です。 時価額
(新車価格から
消耗分を
差し引いた金額)

・次ページ →自動車保険の種類

HOME
自動車保険
自賠責保険とは
自賠責保険の補償
自賠責保険の加入と保険料
自賠責保険金の請求の種類
自賠責保険金の請求方法
自賠責保険に未加入の場合
自動車保険とは
対人賠償保険
搭乗者傷害補償保険
人身傷害補償保険
無保険車傷害保険
自損事故保険
対物賠償保険
車両保険
自動車保険の比較
自動車保険の種類
自動車保険の等級
自動車保険料の割引
自動車保険の特約
自動車保険のサービス
過失割合と過失相殺
政府保障事業制度
自動車保険・交通事故の
相談窓口
自動車保険比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved