HOME自動車保険>自動車保険とは

自動車保険とは

〜任意の自動車保険は自賠責を補う保険〜

自動車保険には、自動車やバイクを運転する全ての人が、加入を義務付けられている強制保険(=自賠責保険)と、運転者の意思によって加入する任意の自動車保険の2つがあります。

単に”自動車保険”と呼ぶ場合は、任意保険の方を指しているのが一般的です。

この任意の自動車保険には、自賠責保険だけでは被害者に対する補償が十分でないため、これを補うための保険と、その他に、加害者自身のケガや他人の自動車、建物への賠償責任が発生したときに備えた保険があります。


自賠責保険の内容は、
・被害者が死亡したときに最高 3,000万円
・被害者がケガをしたときに最高 120万円
・被害者が後遺障害になったときに最高 4,000万円

となっており、最低限の補償しかありません。
今では、死亡事故を起こしたときの賠償額のほとんどは1億円弱から、高額なときは2億円を超えるときもありますので、自賠責の3,000万円だけでは、とても十分な補償額とはいえません。

任意の自動車保険に未加入の場合は、自賠責を超える分については加害者本人が負担することになります。死亡以外のケガや後遺障害の保険金額も、上記の金額では十分なものとはいえません。

また、自賠責保険においては、被害者の死亡、ケガ、後遺障害のみの補償だけで、加害者本人や同乗者の死亡、ケガあるいは車両、建物の損害に対しての補償は一切ありません。

このことからも、自賠責の加入のみで安心せず、任意の自動車保険への加入は欠かすことができません。

ちなみに任意の自動車保険の加入率は、他人に対する賠償を目的とした”対人賠償保険”で約7割強で、公道を走っている車やバイクの、10台に3台は自賠責の加入のみなのです。

また、自分の誤りで事故を起こさなくても、他人の自動車からの被害も十分考えられますので、自己防衛の意味でも、任意の自動車保険で十分な補償を確保しておくべきでしょう。

・次ページ →対人賠償保険

HOME
自動車保険
自賠責保険とは
自賠責保険の補償
自賠責保険の加入と保険料
自賠責保険金の請求の種類
自賠責保険金の請求方法
自賠責保険に未加入の場合
自動車保険とは
対人賠償保険
搭乗者傷害補償保険
人身傷害補償保険
無保険車傷害保険
自損事故保険
対物賠償保険
車両保険
自動車保険の比較
自動車保険の種類
自動車保険の等級
自動車保険料の割引
自動車保険の特約
自動車保険のサービス
過失割合と過失相殺
政府保障事業制度
自動車保険・交通事故の
相談窓口
自動車保険比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved