HOME火災保険・地震保険>火災保険と失火責任(賃貸の場合)

火災保険と失火責任(賃貸の場合)

〜賃貸マンションでは、大家さんへの賠償責任がある〜

持家が、近所の火災で損害を受けたときの賠償責任については、火災保険と失火責任(持家の場合)でのべました。

では、一戸建住宅やマンション、アパートなどが賃貸の場合は、どうなのでしょうか?

このケースでは、失火責任法と民法415条・債務不履行の、2つの法律が関係してきます。

失火責任法では、自分が住んでいる賃貸物件から失火したときも、近隣からの延焼で自分に損害があったときも、誰にも賠償責任は発生しません。(失火した人に重大な過失がない場合)

これは、自分の住まいが持家の場合と同じで、修繕費や復旧費は、そこに住んでいる人の負担になります。

しかし、民法415条では借り主は貸主に対して、借りたものを、元どうりにして返さなければ、損害賠償を請求できるのです。借り主が失火したときだけでなく、近隣の延焼で借りていたマンションや一戸建てが、焼けた場合も同様です。

つまり、原因は何であれ、賃貸物件を借りて住んでいる人は、それを大家さんに返すときは、借りたときの状態に戻して返す必要があります。これを、現状復帰義務といいます。

(ただし、壁紙の汚れやくすみ、床のほんの小さな傷などは例外です。
*詳細→敷金の返還について

とはいえ、火災にあった賃貸物件を、元どうりにして大家さんに返すとなると、多額の費用がかかるのが普通です。そこで、保険会社で用意されているのが、「借家人賠償責任保険」で、この保険は、貸主である大家さんへの賠償に備えるためのものです。

通常、賃貸物件を借りている人は、まず、家具や家電製品などの家財の火災保険に加入して、その特約として、借家人賠償責任保険をプラスすることになります。

このように借り主は、自らの失火と近隣からの延焼、そして、貸主(大家さん)への賠償に備えて、家財の火災保険(主契約)+借家人賠償責任保険(特約)への加入を、検討しておかなくてはなりません。

ちなみに、賃貸契約を結ぶときは、必ずこの2つの火災保険の加入を、契約の条件として定めている大家さんや、不動産業者もあります。

なお、失火した人に過失があった場合の備えには、「個人賠償責任保険」があります。この保険では、たとえ失火した人に重大な過失があったときでも、近隣の被害者に賠償金が支払われます。

・次ページ →火災保険と失火責任(持家の場合)

HOME
火災保険・地震保険
火災保険とは
火災保険の目的
火災保険の補償内容
火災保険の比較
住宅火災保険
住宅総合保険
普通火災保険
店舗総合保険
団地保険
火災保険と失火責任
(賃貸の場合)
火災保険と失火責任
(持家の場合)
火災保険の特約
価額協定保険特約とは
保険金の支払いについて
住宅金融公庫の火災保険
公庫の特約火災保険の補償
火災保険の用語
地震保険とは
地震保険の補償
地震保険の保険料
地震保険料の実例・木造
地震保険料の実例・非木造
地震保険の再保険制度とは
地震保険の用語

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved