HOME火災保険・地震保険>公庫の特約火災保険の補償

公庫の特約火災保険の補償

〜公庫指定の特約火災保険で、支払われる保険金について〜

住宅金融公庫の特約火災保険では、火災、落下、爆発、落雷などによる損害に支払われる損害保険金と、それに付随して支払われる費用保険があります。

*参考→住宅金融公庫の火災保険

この2つの保険金の支払いについては、その内容によって細かく補償の内容が決められており、以下のようになっています。

***以下、住宅金融公庫のサイトを参考*********

<損害保険金>
保険金の支払いの対象となる災害 保険金額
(ア)火災 損害額×
(保険金額÷再調達価額の70%)

*再調達価額での保険金の
支払いは2回に分けて
支払われます。

*保険金額は、損害額または
保険金額のいずれか
低い金額が上限です。
(イ)落雷
(ウ)破裂・爆発
(エ)建物の外部からの物体の落下、飛来、衝突、倒壊
(オ)水廻りの設備の事故または、他人の部屋で発生した事故による漏水。ただし、他人の部屋への漏水は対象外。
(カ)騒じょう・労働争議等による暴力行為・破壊行為
(キ)風・ひょう・雪による20万円以上の損害
(ク)盗難によって建物に生じた盗取・き損・汚損
(ケ)水災 [a]建物の損害割合が30%以上のとき
[b]床上浸水による損害で、その割合が15%以上30%未満のとき 保険金額×15%
(1構内300万円が
上限)
合計300万円が
上限
[c]床上浸水による損害で、その割合が15%未満のとき 保険金額×5%
(1構内100万円が
上限)


<費用保険>
臨時費用
・(ア)〜(ク)の場合
 損害保険金×30% *住居専用建物は100万円、その他の建物は
 500万円が上限
・(ケ)[a]の場合
 損害保険金×15% *60万円が上限
残存物片付け費用
・(ア)〜(ク)の場合
 実費 *損害保険金×10%が上限
失火見舞金
・(ア)or(ウ)の場合
 被災世帯数×20万円まで *保険金額×20%が上限
修理付帯費用(併用住宅のみ)
・(ア)〜(ウ)の損害を受け、幹事保険会社の承認を受けてから、
 住居以外の部分の復旧工事をしたとき
 実費 *保険金額×30%または、1,000万円のいずれか低い金額が上限

 幹事保険会社とは、特約火災保険を引き受けている複数の損害保険会社を、
 代表している会社。現在は(株)損害保険ジャパンが幹事保険会社です。
水道管修理費用
・水道管の凍結被害の修理をしたとき
 実費 *10万円が上限
特別費用
・(ア)〜(ケ)によって建物が全損したとき
 損害保険金×10% *200万円が上限
損害防止費用
・(ア)〜(ウ)による損害の防止や、軽減のために必要な費用
 損害防止費用の額×(保険金額÷再調達価額の70%)
 *損害防止費用の額が上限
地震火災費用
・地震、噴火や、これらによる津波によって建物が半焼以上になったとき
 保険金額×5% *300万円が上限

<その他>
破損・汚損損害等担保特約
 ・・・特約火災保険に、付けることができる特約で、割増し保険料がかかります。
・(ア)〜(ケ)以外の突発的で、予測できない事故で、建物に損害があったとき
 (損害額−免責金額3万円)×(保険金額÷再調達価額×70%)
 *保険金額が上限

・次ページ →火災保険の用語

HOME
火災保険・地震保険
火災保険とは
火災保険の目的
火災保険の補償内容
火災保険の比較
住宅火災保険
住宅総合保険
普通火災保険
店舗総合保険
団地保険
火災保険と失火責任
(賃貸の場合)
火災保険と失火責任
(持家の場合)
火災保険の特約
価額協定保険特約とは
保険金の支払いについて
住宅金融公庫の火災保険
公庫の特約火災保険の補償
火災保険の用語
地震保険とは
地震保険の補償
地震保険の保険料
地震保険料の実例・木造
地震保険料の実例・非木造
地震保険の再保険制度とは
地震保険の用語

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved