HOME火災保険・地震保険>住宅金融公庫の火災保険

住宅金融公庫の火災保険

〜公庫融資の住宅は、2種類の火災保険から選ぶ〜

住宅金融公庫から融資を受けて、住宅ローンを組んでいる場合は、必ず「特約火災保険」「選択対象火災保険」のどちらかを選択して、加入しなければなりません。

加入期間は、ローンの返済が終了するまでとなっており、それまではこれ以外の火災保険の加入はできません。

この2つの火災保険の主な内容は、以下のようになっています。

<特約火災保険>

・公庫から融資を受けている人だけが、利用できる火災保険です。

・複数の損害保険会社が、共同で補償する制度になっていて、
 他の同等の保険に比べて、保険料が40〜50%程度安くなっています。

・ただし、損害保険会社が倒産した場合は、保険金が減額されることもあります。
 (倒産してから3カ月以内に、発生した火災については100%の補償)

・この保険では、家財については補償の対象外なので、他の火災保険を
 かけることができます。

・保険金には、公庫を第1順位とする質権が設置されます。わかりやすくいうと、
 火災で損害があったときに支払われる保険金は、公庫が一番最初に受け取る
 権利があり、ローンの返済を最優先に考えられています。

・住宅金融公庫は平成19年4月に、”住宅金融支援機構”となりますが、
 これによって、現在契約中の特約火災保険の契約内容が、変更になることは
 ありません。

・地震保険については、加入を希望しなとき以外は自動的に加入となり、
 一般の地震保険よりも、8%程度保険料が安くなっています。

<選択対象火災保険>

特約火災保険と同等以上の保険商品であると、公庫が認めた火災保険です。

・どの保険会社であっても、選択対象火災保険に指定された保険であれば、
 加入希望者が自由に選択できます。

・保険会社によって、それぞれ保険料や補償内容に違いがありますので、
 契約前に確認しておくことをおすすめします。

・保険金には、公庫を第1順位とする質権が設置され、公証役場か法務局で
 確定日付取得の手続きが必要です。

この2つの保険はローンの返済中であっても、次のように変更することができます。
  *特約火災保険から選択対象火災保険に変更
  *選択対象火災保険から他の選択対象火災保険に変更
  *選択対象火災保険から特約火災保険に変更
ただし、特約火災保険と選択対象火災保険に、同時に加入することはできません。

・次ページ →公庫の特約火災保険の補償

HOME
火災保険・地震保険
火災保険とは
火災保険の目的
火災保険の補償内容
火災保険の比較
住宅火災保険
住宅総合保険
普通火災保険
店舗総合保険
団地保険
火災保険と失火責任
(賃貸の場合)
火災保険と失火責任
(持家の場合)
火災保険の特約
価額協定保険特約とは
保険金の支払いについて
住宅金融公庫の火災保険
公庫の特約火災保険の補償
火災保険の用語
地震保険とは
地震保険の補償
地震保険の保険料
地震保険料の実例・木造
地震保険料の実例・非木造
地震保険の再保険制度とは
地震保険の用語

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved