HOME火災保険・地震保険>火災保険とは

火災保険とは

〜火災以外の補償範囲も広いのが火災保険〜

火災保険とは、火災や自然災害によって建物や建物の中にある家財の、損害を補償する保険のことです。

以前の火災保険は、火災の損害のみが対象でしたが、現在では落雷や強風、ひょうなどの様々な自然災害も、補償の対象になっています。

つまり、火災だけでなく建物と家財の総合保険の傾向が強くなっています。
この保険は損害保険の中でも、歴史も古く一番なじみのある保険といえます。

火災保険の種類は大きく分けて、住宅向けの個人・家族タイプと、事業向けの一般タイプがあります。

個人・家族タイプは、現在住んでいる自宅や団地、マンションが火災になったときの損害を補償するものです。(住宅火災保険、住宅総合保険、団地保険)

一方、一般タイプでは会社の事業用として使っている店舗や事務所、倉庫などの損害を補償します。(普通火災保険、店舗総合保険)

火災保険の補償範囲は、保険の種類や各保険会社によっても、多少違いがあります。保険の加入を考えている方は、一体どこまでが補償の範囲なのかを、しっかり確かめておく必要があります。

また、補償が建物と家財に分かれているのが特徴で、それぞれ別々に契約しなければなりません。

建物だけ保険に加入しておけば安心、という考えもありますが、家の中の家電製品、家具などの購入額を計算してみると、以外に高額になることがおわかりになるはずです。特に最近では、大型テレビなどの高額な家電製品が多くなっていますね。

建物の補償に重点をおきながらも、家財の補償も合わせて考えておくことをおすすめします。

なお、火災保険は地震を原因とする火災については、補償外となっていますので注意が必要です。阪神淡路大震災のときも、多くの火災がこれに該当して、保険金の支払いは行なわれませんでした。

地震による火災については、地震保険での補償となり、原則として火災保険に加入しなければ、地震保険への加入は認められていません。つまり、地震保険単独での加入は、できないことになっています。

・次ページ →火災保険の目的

HOME
火災保険・地震保険
火災保険とは
火災保険の目的
火災保険の補償内容
火災保険の比較
住宅火災保険
住宅総合保険
普通火災保険
店舗総合保険
団地保険
火災保険と失火責任
(賃貸の場合)
火災保険と失火責任
(持家の場合)
火災保険の特約
価額協定保険特約とは
保険金の支払いについて
住宅金融公庫の火災保険
公庫の特約火災保険の補償
火災保険の用語
地震保険とは
地震保険の補償
地震保険の保険料
地震保険料の実例・木造
地震保険料の実例・非木造
地震保険の再保険制度とは
地震保険の用語

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved