HOME火災保険・地震保険>火災保険の比較

火災保険の比較

〜損害保険の中で最もポピュラーな保険〜

火災保険は、損害保険の中でも実績のある保険の1つです。

以前の火災保険は、単純に火災のみの保険でしたが、今では落雷や強風など様々な自然災害も補償の対象となっています。

しかし、地震を原因とする火災は、補償外となっていますので注意が必要です。阪神淡路大震災のときも、多くの火災がこれに該当し、火災保険金の支払いは行なわれませんでした。

以下は、主な火災保険を比較したものです。

1.住宅火災保険 住宅専用に使われている、建物と家財を補償する保険です。補償範囲は、火災、落雷、ひょう、風による損害の他、残存物片付け費用や修理費などに対して、保険金が支払われます。

2.住宅総合保険 住宅専用に使われている建物と家財を補償する保険です。
住宅火災保険の補償にプラスして、物体の落下、飛来、衝突、漏水、盗難、床上浸水なども補償の範囲となっています。
住宅火災保険と比較して、幅広い補償が特徴です。

3.普通火災保険 専用住宅以外の店舗、店舗兼用住宅、工場などの一般建物と家財を補償する保険です。補償範囲は、住宅火災保険とほぼ同様になっています。

4.店舗総合保険 店舗兼用住宅、店舗、事務所などの建物と家財を補償しています。補償範囲は、住宅総合保険とほぼ同様になっています。普通火災保険と比較して、手厚い補償になっています。

5.団地保険 鉄筋コンクリート造りの団地やマンションとその家財を補償しています。
補償範囲は、住宅総合保険とほぼ同様ですが、それと比較して、共同住宅特有の修理費、マンション内でのケガなどの補償がプラスされています。

6.長期総合保険 積立型の火災保険で、満期返戻金があります。一般的な保険期間は3〜10年程度で、補償範囲は住宅総合保険とほぼ同様になっています。

・次ページ →住宅火災保険

HOME
火災保険・地震保険
火災保険とは
火災保険の目的
火災保険の補償内容
火災保険の比較
住宅火災保険
住宅総合保険
普通火災保険
店舗総合保険
団地保険
火災保険と失火責任
(賃貸の場合)
火災保険と失火責任
(持家の場合)
火災保険の特約
価額協定保険特約とは
保険金の支払いについて
住宅金融公庫の火災保険
公庫の特約火災保険の補償
火災保険の用語
地震保険とは
地震保険の補償
地震保険の保険料
地震保険料の実例・木造
地震保険料の実例・非木造
地震保険の再保険制度とは
地震保険の用語

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved