HOME火災保険・地震保険>地震保険料の実例・非木造

地震保険料の実例・非木造

〜鉄筋コンクリート造や鉄骨造の住宅の保険料はどれくらい?〜

ここでは、鉄筋コンクリート造や鉄骨造などの非木造住宅に、地震保険をかけたときの保険料を、具体的に計算してみます。

<地震保険の対象・設定した保険金額>
・鉄筋コンクリート造専用住宅と家財
・住宅の所在地は新潟県・・・2等地
・住宅を建築した年・・・平成8年
・住宅の耐震等級・・・2
・保険加入期間・・・3年
・保険金額は
  建物で2,000万円(火災保険金額 4,000万円の50%)
  家財で1,000万円(火災保険金額 2,000万円の50%)

以上の条件で、保険料(掛金)を計算すると次のような金額となります。なお、保険料を計算するときの基準については、地震保険の保険料をご覧ください。

 [基本料率]
まず最初に、ベースとなる保険料を計算します。
建物の所在地は新潟県(2等地)で、構造が鉄筋コンクリート造ですから、

:建物・・・700円×(2,000万円÷100万円)=14,000円
:家財・・・700円×(1,000万円÷100万円)=7,000円

700円は2等地に建つ鉄筋コンクリート造で、保険契約期間1年、保険金額100万円あたりの基本料率です。

等地 鉄筋コンクリート造・鉄骨造(非木造)
1等地 500円
2等地 700円
3等地 1,350円
4等地 1,750円
 [割引率]
次に建物を建てた年と、耐震性能を比べて、割引率の有利な方を選びます。
建物を建てた年は、昭和56年以降なので割引率10%。耐震等級は、2なので割引率20%。よって、割引率20%で計算すると、

:建物・・・14,000円−(14,000円×20%)=11,200円
:家財・・・7,000円−(7,000円×20%)=5,600円

耐震等級 1 ・・・割引率10%
耐震等級 2 ・・・割引率20%
耐震等級 3 ・・・割引率30%
 [長期係数]
最後に、地震保険契約期間が3年なので、長期係数が 2,75となりますから、

:建物・・・11,200円×2,75=30,800円
:家財・・・5,600円×2,75=15,400円

保険契約期間 長期係数
2年 1.90
3年 2.75
4年 3.60
5年 4.45
3年間で建物と家財の合計が、
30,800円+15,400円=46,200円の保険料となります。
(1年あたり、15,400円)

・次ページ →地震保険の再保険制度とは

HOME
火災保険・地震保険
火災保険とは
火災保険の目的
火災保険の補償内容
火災保険の比較
住宅火災保険
住宅総合保険
普通火災保険
店舗総合保険
団地保険
火災保険と失火責任
(賃貸の場合)
火災保険と失火責任
(持家の場合)
火災保険の特約
価額協定保険特約とは
保険金の支払いについて
住宅金融公庫の火災保険
公庫の特約火災保険の補償
火災保険の用語
地震保険とは
地震保険の補償
地震保険の保険料
地震保険料の実例・木造
地震保険料の実例・非木造
地震保険の再保険制度とは
地震保険の用語

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved