HOME火災保険・地震保険>地震保険の用語

地震保険の用語

〜地震保険でよく使われる専門用語について〜

地震保険では、あまり聞きなれない専門用語がよく使われますので、ここで紹介しておきます。

1. 全損とは(*参考→地震保険の補償
地震による損害の程度を表す用語で、建物と家財でそれぞれ以下のように決められています。
支払われる保険金は、契約保険金額の100%が上限

建物では、
・主要構造部(基礎、柱、はり、屋根、外壁)の損害額が、建物の
 時価額の50%以上のときか、
・流失・焼失した床面積が、建物の延床面積の70%以上のとき

家財では、
・損害額が、家財の時価額の80%以上のとき

2. 半損とは
地震による損害の程度を表す用語で、建物と家財でそれぞれ以下のように決められています。
支払われる保険金は、契約保険金額の50%が上限

建物では、
・主要構造部(基礎、柱、はり、屋根、外壁)の損害額が、建物の
 時価額の20%以上〜50%未満のときか、
・流失・焼失した床面積が、建物の延床面積の20%以上〜70%未満
 とき

家財では、
・損害額が、家財の時価額の30%以上〜80%未満のとき

3. 一部損とは
地震による損害の程度を表す用語で、建物と家財でそれぞれ以下のように決められています。
支払われる保険金は、契約保険金額の5%が上限

建物では、
・主要構造部(基礎、柱、はり、屋根、外壁)の損害額が、建物の
 時価額の3%以上〜20%未満のときか、
・地震などによる水災で、床上浸水または平均地盤面45センチ
 超えた浸水があり、全損、半損にならなかったとき

家財では、
・損害額が、家財の時価額の10%以上〜30%未満のとき

4. 基本料率とは(*参考→地震保険の保険料
地震保険料のベースとなる料金のことで、建物の所在地(等地)と建物の構造で変化します。建物が鉄筋コンクリート造や鉄骨造だと耐震性が高いため、木造より安く設定されています。

5. 等地とは
保険料(基本料率)を決める条件の一つで、各都道府県ごとに1等地〜4等地までの4つの区分の中から決められています。

地震による損害が、一番多く想定されるところが4等地で、一番少ないと想定されるところが1等地になっています。保険料(基本料率)は、1等地が一番安く、段階的に高くなっています。

6. 割引率とは
建物が一定の条件を満たしていると、保険料が安くなる割合のことです。
割引率の条件には、下記の建築年割引と耐震等級割引の2つがあります。

7. 建築年割引とは
昭和56年6月1日以降に、建築された建物であれば、建物とその建物内の家財の保険料が10%安くなります。

昭和56年6月1日は、建築基準法で現行の耐震基準が実施された日です。

8. 耐震等級割引とは
建築基準法で定められた耐震性能を基準にして、保険料が割引されます。耐震等級には、1〜3までのランクがあり、3が一番耐震性が優れています。

耐震等級1で割引率10%。2で割引率20%。3で割引率30%になっています。

9. 長期係数とは
地震保険を複数年契約することによって、保険料が安くなる数値です。最長で、5年までの数値が決められており、加入期間が長いほど割安になります。

保険契約期間 長期係数
2年 1.90
3年 2.75
4年 3.60
5年 4.45

10. 再保険制度とは
昭和41年に成立した、”地震保険に関する法律”によって設立された制度。民間の保険会社の資本だけでは、大地震の損害を全て補償できないため、日本政府が保険料の一部を積み立てて、災害時に備えています。

保険各社に納められた純保険料の一部を、日本地震再保険(株)経由で、政府が積み立てることによって、保険加入者への保険金の支払いを政府が補償しています。

11. 純保険料とは
保険加入者が納めた保険料から、保険会社の契約の事務処理費や損害の調査費、代理店手数料を差し引いた保険料です。

12. 日本地震再保険(株)とは
地震保険金の支払いに備えるために、損害保険会社が共同で出資して作った会社。保険会社から純保険料が納付され、その一部を日本政府に納めています。
純保険料の管理と、政府と民間の各保険会社のパイプ役を行なっています。

13. 再調達価額とは
火災や地震にあって損害があった場合でも、以前の状態に復元できる金額のことです。
つまり、数年前に建てた住宅が全焼したときでも、同じ建物を改めて新築できる建築費のことです。

14. 減価額とは
建物などを使用することによる消耗分や、建築してから年数がたって老朽化した分のこと。建築年数が長くなれば減価額は大きくなり、建物の価値が低くなります。

15. 時価額とは
再調達価額から減価額を差し引いた金額です。
簡単にいうと、数年前に新築した住宅の建築費から、数年間住んでいるために消耗した分と老朽化した分を、マイナスした金額です。
通常の地震保険では、この時価額を基準にして保険金が決まります。
HOME
火災保険・地震保険
火災保険とは
火災保険の目的
火災保険の補償内容
火災保険の比較
住宅火災保険
住宅総合保険
普通火災保険
店舗総合保険
団地保険
火災保険と失火責任
(賃貸の場合)
火災保険と失火責任
(持家の場合)
火災保険の特約
価額協定保険特約とは
保険金の支払いについて
住宅金融公庫の火災保険
公庫の特約火災保険の補償
火災保険の用語
地震保険とは
地震保険の補償
地震保険の保険料
地震保険料の実例・木造
地震保険料の実例・非木造
地震保険の再保険制度とは
地震保険の用語

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved